坐骨神経痛にビワ温灸

東京都港区 からだ らくだ くらぶ 高領伽 代表

知人の女性(53)は腰の痛みと脚の痺れがあり、病院で坐骨神経痛と診断されたそうです。

診断をうけてからずっと通院しているものの「電気治療では思うような改善が得られない」とのことなので、ビワ温灸をお勧めしてみました。

坐骨神経痛の特徴としてどちらか片側に痛みが出やすく、彼女の場合は左側に出ていました。
会社勤めをしていれば、勤務中に足を投げ出して腰や脚を休ませることも難しく、発症から時間が経過してなお、我慢の日々を過ごされていたのです。

おまけに風邪をこじらせ気管支炎になっていたのかコンコン、コンコン咳き込んで、辛そうにされていました。
そういう状態だったので、坐骨神経痛と気管支炎に関わるツボを中心にビワ温灸を施しました。

特に痛みのある腰部には熱が入りにくい箇所があり、ご本人はなかなか熱さを示す合図をされないので、低温火傷を避けるためこちらの判断で温灸のポイントを移していきました。
温灸を当てているうちから「気持ちが良い」とおっしゃられ、さらに当て終わった時には痛みと痺れが和らいで「楽になった」との感想でした。
ただ、腰や脚以上に変化が現れたのは咳の方でした。当て始めてほどなく、咳き込まなくなったのです。

文字通り、ピタッと咳が止まったものだからご本人も驚き、とても不思議がっておられました。
翌日、坐骨神経痛に変化が現れました。
通常は、朝起きるときが辛いのに難なくスッと起きられたそうで、久しぶりに爽やかな朝を迎えられたとのことでした。
1回の施術ですから完治に至ったということではありませんが、坐骨神経痛と咳き込みのどちらも、ビワ温灸の即効性を痛感させられる一例でした。

◎からだ らくだ くらぶ
東京都港区西麻布
TEL:03−6427−4144【完全予約制】

◎「からだ らくだ くらぶ」に関する体験談
●「からだ らくだ くらぶ」のホームページはこちらです。

『ビワと健康』  2015年7月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 坐骨神経痛にビワ温灸
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入