鍼灸指圧ねこまち治療院

東京都港区西麻布4−6−5−203 TEL:03−6427−4144


エジプト民族舞踏のプロダンサー・振付家・指導者として活動するかたわら、鍼師・灸師・按摩マッサージ指圧師の資格を取得したという安彦伶哥(あびこれいか)院長。
ビワの葉療法との出会いは約20年前で、自身が刺激に敏感なHSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)であることから、強い刺激のない治療法を常に研究しているという。今もダンサーとしての仕事を続けながら、治療師としても活躍する安彦院長にお話をうかがった。

エジプトの民族舞踏をされていると聞きましたが、ベリーダンスのようなものですか?
ベリーダンスも教えていますけど、その元になっている民族舞踏が専門です。
歴史の古いダンスで、エジプトのカイロにある国立民族舞踏団に留学したのですが、踊っているうちに身体が健康になったんです。それが体に興味を持つようになったきっかけです。
本当はダンスをすれば健康になると思うのですが、そこまでできない方も多いでしょうから、それはこちらで治療させていただければと思っています。

  • 開院の経緯は?
    以前、ダンスをしながら整体とカイロプラクティックの学校へ行き民間資格を取りリラクゼーションサロンを開いていましたが、もっと身体について学びたく、せっかくやるなら国家資格のあるものと思い、専門学校へ通って鍼灸指圧按摩マッサージ師の資格を取りました。
    東洋医学の最前線を学ぶ為ボストンにあるハーバード大学の医学部で研修もしました。代替療法を実践している内科や、鍼灸整骨院での勤務、機能訓練指導員(リハビリ専門)として働いたりと、できるだけのことをしました。

  • 施術の特徴は?
    ちょっと変わっていまして、刺さない鍼と、熱くないお灸、押さない指圧の三つを中心にしています。刺さない鍼というのは、脳神経外科医の長田裕先生が始められたチクチク療法(無欠刺絡)で、てい鍼のような鍼でチクチク治療していくものです。
    熱くないお灸はビワの葉温灸。押さない指圧というのは、私が研究して考案した引力マッサージというもので、押さずに引っ張る感じで筋肉や筋膜をリリースしていく手法です。

  • 具体的な改善例は?
    おかげさまで結構劇的な効果を上げていまして、先日はコンパートメント症候群で前腕の痛みを訴えていた方が、1回の施術でほとんど治りました。また、最近では30年ぐらい腰椎すべり症と椎間板ヘルニア、股関節変形症で悩み、週1回按摩指圧マッサージを家に呼んでいたという方が、1回の治療で90%以上改善しました。
    長年押され続けている人はどんどん強揉みを求め、余計に筋肉が硬くなっていくような感じです。そういう方に刺さない鍼とか、ビワ温灸で温めたりとか、最後に引力マッサージをしていくと筋肉がふわっと緩んでいくんですよね。
    皆さん、こんなに体が軽くなったのは初めてだと驚いています。

  • 患者さんの層は?
    今のところ女性と子ども専門ということにしていまして、男性は紹介の方のみという形にさせてもらっています。

  • 信条を一言。
    身体の声を聴いて、元気を引き出す。病を治すのは患者さん自身です。
    患者さんに聞こえていない身体の声を代わりに聴いて、その方自身の自然治癒力を引き出し高めるお手伝いをすることを心掛けています。
◎鍼灸指圧ねこまち治療院の前身「からだ らくだ くらぶ」に関する体験談 ◎「鍼灸指圧ねこまち治療院」に関する体験談 『ビワと健康』  2020年1月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
(© ビワの葉温熱療法普及会
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 治療院を訪ねて > 鍼灸指圧ねこまち治療院
※ 当会ではビワ商品の販売はしておりません。ご購入を希望の方は下のバナーから検索して下さい。