頸肩腕症候群の痺れが消滅

茨城県古河市 疲労回復サロン 中村秀夫 代表

頸肩腕症候群と診断された男性(80)は、右手の三指(母指、示指、中指)に痺れがありました。
痺れは四六時中で、指の感覚すらなくなることもあり、ボタンの留め外しが出来ない状態でした。
仕事はしていない方で、体は殆ど動かさず下向きの姿勢でいることなど、加齢に伴う要素が大きいように感じられました。
病院の整形外科にはさんざん通ったものの結果は芳しくなく、「手術をするしかない」と告げられて躊躇しておられたのです。

実はこの男性、元々は、奥さん(80)が肩こりで通っておられ、付き添いとして来られていたのです。
毎回、奥さんが施術を受ける間、後ろでジ〜ッと見ておられたのです。
病院で「手術しかない」と言われたのだから、『ここで痺れを治すのは到底無理だろう』と心の中で憶測を巡らせつつ、様子見していたのだそうです。
それでも、何とか良くなりたいとの思いから事情を話され、施術することになりました。

私は「やれることはやってみて、どうしても駄目なら最後の手段で手術を考えれば良いし、それだって安易に行なうのではなくセカンドオピニオンに診断を仰ぐなど慎重を期すべき」と提案させて頂きました。
実際、高齢者の場合、手術をして良くなる人がいる半面、変化がないばかりか却って悪化した例をよく耳にします。
リスクがあるので、手術をせずに良くなればそれにこしたことはありません。

週2回のペースで施術を始めましたが、2回目までは全く改善は見られませんでした。
3回、4回と回を重ねるうちに痺れが緩和してきて、1ヶ月ほどで指の痺れはきれいに消えました。
ボタンの留め外しも支障なく出来るようになり、とても喜ばれました。
施術は、毎回、整体を行なった上でビワ温灸を施しました。
首から腕にかけて徹底的に当てましたが、加齢や生活習慣によるものでしょうから、症状の出ている右側だけでなく左右両方に入念に行ないました。

◎疲労回復サロン (ご紹介はこちら
茨城県古河市諸川1789−7
TEL:0280−33−6500

◎「疲労回復サロン」に関する体験談
『ビワと健康』  2015年4月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 頸肩腕症候群の痺れが消滅
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入