子宮筋腫改善に威力を発揮

茨城県古河市 疲労回復サロン 中村秀夫 院長

子宮筋腫の施術ではビワ温灸の併用が非常に有効で、これまでに沢山の改善例が得られています。

平成11年11月に来られた女性(32)は、すでに日程が決まっていた手術が必要なくなりましたし、平成15年1月に来られた看護師さん(36)や平成21年2月に来られた女性(31)も状態が順調に改善し、経過観察へと移行しました。

いずれのケースもビワ温灸による影響が大きく、まずは出血が収まり、痛みも収まっていきます。
そして拡大し続けていた筋腫が止まり、やがて収縮へと向かうのです。

基本的に初めは週1回のペースで施療します。
目安としては大体1ヶ月くらいで筋腫の進行が収まります。経過観察になれば月1回の施療で大丈夫になります。
当サロンに来て頂くのは生理が始まる1週間前です。その時点で施術を行えば生理自体が軽くなるのです。

施術のポイントは、腹部や腰部が中心になります。
従って、子宮筋腫の方などには、あらかじめおへそや恥骨周りへの施術が必要であることは理解して頂くようにしています。
腹部、腰部を温めて仙骨の調整を行うこと、さらに後頭部にある女性ホルモンが活性化される部位に刺激を与えます。
後頭部の、その部位が硬くなっている人は妊娠しにくいこともあって、そこをしっかりとほぐしていきます。
頭をほぐし、仙骨を調整し、腹部と腰部を温めることで年間7〜8人くらいの方が子供を授かっておられます。
中には「子供がほしいからここに来ました」と言われる方もおられます。
それだけ大切なポイントになるわけですが、筋腫が出来ている人は皆さん体が冷えています。
いわゆる末端冷え症です。かかとが荒れているとか、すねの部分が粉を吹いているとか、栄養が届いていない証拠です。
手だって冷たくて、クリームを塗ってごまかしているけれど内面からの栄養は滞っている状態の方が多いのです。

体を温める食事を摂取する必要がありますし、また消化、吸収できる内蔵にしていかないといけません。
ストレスも多分に影響し、血流の循環を悪くしてしまっている面があります。
当サロンには健康維持を目的に10年以上通われている方も多く、皆さん安心して途中で寝てしまい、施術後はポ〜ッとされていることもあります。
体が温まると気持ちも楽になり、様々な症状で良い相乗効果が得られます。

◎疲労回復サロン (ご紹介はこちら
茨城県古河市諸川1789−7
TEL:0280−76−3515

◎「疲労回復サロン」に関する体験談
『ビワと健康』  2012年10月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 子宮筋腫改善に威力を発揮
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入