メンタル疾患に威力発揮

茨城県古河市 疲労回復サロン 中村秀夫 院長

当サロンには、一般的な肩こりのほかに四十肩(五十肩)、ぎっくり腰、股関節痛、加齢に伴う膝痛などの方が多く来られますが、いずれの症状でも手技と併用するビワ温灸は好評で、皆さん「楽になる」と喜ばれています。
遠赤外線のビワ温灸で得られる温熱効果は独特で、とりわけ施術後のポカポカ感の持続力は感心するばかりです。
私は基本的にビワ温灸を治療ではなく、リラックス効果を得る目的で大いに活用しています。
サロンの移転を控えた昨年末、月刊「ビワと健康」に掲載された記事を読んだという方が集中して来られました。

その中に股関節痛を訴えてみえた男性(45)がおられます。
確かにこの男性の主症状には、右股関節の内転が起因していました。
右の股関節が内転を起こしている人の多くは、就寝時に右側部を下にして横向きで寝ています。
右膝を伸ばした状態で右足の甲はマットに密着し、その上に曲げた左脚が被さっている状態です。

その態勢では、うつ伏せになるのを食い止めるべく右足の甲がストッパーになっていますが、人間は眠ると体の力が抜けるため右脚は左脚の重みを受け続け、基点となる右脚の股関節はジワジワと内転を起こすことになるのです。
内転を起こした脚は一目瞭然です。仰向けで両脚を伸ばした姿を上正面から見ると、左股関節が開いているのに対して、右股関節は上を向いています。
このねじれた状態を放置すると、やがて股関節に痛みが生じたり、膝が炎症を起こして水が溜まるといった症状に見舞われることになってしまうのです。
この男性の股関節痛は、まさにそれに該当するものでした。

幸い、まだ軽症であったため、手技により短時間で改善しました。
ただ、彼が訴える症状にはもっと根深い別の要因が隠れていました。
首を触るとまるで斜傾の首のように胸鎖乳突筋の神経がピーンと張っていたのです。
不思議に感じて「だいぶストレス溜まってるんじゃない?」と尋ねてみると、それが口火となり「実は・・・」と近況を話され始め、ついには感情が高ぶって過呼吸に陥ってしまいました。
いわゆるストレスに起因するパニック障害です。
納得の出来ない人事異動があって相当な葛藤を抱えていたのです。股関節の痛みが取れたことと、手技やビワ温灸を施しながら色々お話をさせて頂いたことで心がほぐれ、悔しかった思いが吐き出せて、楽になられたのでした。
以来、この男性は頻繁に通うようになられ、同時に同い年の奥さんも日を違えて交互に足を運ばれるようになりました。

精神的ストレスが痛みを生む

奥さんは、20代から腰痛が悩みでした。
しかし、実際のところは、その腰痛は特別なものではありませんでした。彼女もまたメンタル的疾患を抱えていたのです。
痛みをはじめとする様々な症状は、精神的問題が背景にあって引き起こされることも多々あり、それらの症状を改善するには、心身両面へのアプローチが必要となります。

彼女は不妊治療を4回行い、その努力が報われなかったことが心の重荷になっていました。
若い頃から腰痛持ちで、出産に耐え切れないだろうとの理由で先送りしてきたものの、いよいよ年齢的に限界を迎えて不妊治療に臨んだのでした。
そこに、ご主人の人事異動も重なって、専業主婦である彼女は「夫を支えるのは自分しかいない」と思い詰めていたのです。
ご夫婦とも真面目なタイプですから余計に深刻になったようでした。
当サロンの施術は一対一ですから、夫婦個別に抱える思いを吐露できたことが奏効したようでした。
ビワ温灸については、ご夫婦とも初めてでした。

ご主人には初回、股関節を中心に脚全体、胸鎖乳突筋周り、さらに後頭部にもしっかり当てました。
リラックス効果は素晴らしく、施術ベッドの上で一瞬口を開けて寝ていたほどで、「こういう場所で眠ってしまったのは初めてです。ビワって凄いですね」と話しておられました。
一方、奥さんの腰痛は、一般的に多い腰椎の五番辺りに問題がありました。
そこを痛めると、脚を伸ばしたときに足の親指が持ち上がらなくなるので判断が出来ます。
施術後、最後に仰向けで立膝をしてもらい腰が上げられれば、大丈夫。これで夜も寝返りが打てるようになります。
奥さんには、日常の立位が休めの姿勢で片方の脚に体重をかける癖がありました。ご主人共々、そうした悪い姿勢を攻めるアドバイスをさせて頂きました。
また、体に”冷え”がありました。冷えは痛みや不眠に繋がり、ひいては症状の悪化まで招きます。
これにはビワ温灸が非常に有効です。
ビワ温灸が秘める”あたたかさ”は特別で、これに勝るものはないと私は思っています。
常連の方々には「私が施術する限り、死ぬまでビワ温灸やりますから」と、いつもお話しています。

◎疲労回復サロン (ご紹介はこちら
茨城県古河市諸川1789−7
TEL:0280−76−3515

◎「疲労回復サロン」に関する体験談
『ビワと健康』  2014年5月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > メンタル疾患に威力発揮
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入