慢性呼吸不全の症状が緩和

茨城県古河市 疲労回復サロン 中村秀夫 院長

COPD(慢性閉塞性肺疾患)、いわゆる慢性呼吸不全の女性(75)が来られ、ビワ温灸で症状が緩和されているのでご紹介します。

COPDはタバコや大気汚染、有害物質を長年吸い込むことで、肺への空気の出し入れがうまくいかなくなる病気とされています。

しかし、この方の場合は喫煙経験は全くなく、ある日突然、呼吸困難に陥ったということでした。
喘息でもないのに夜になると咳き込み、昼間は酸素ボンベを引きずって歩くのですが、ボンベは4〜4時半で空になるため娘さんが付きっきりです。
病院以外でもお灸や鍼など色々試されたそうですが全く改善は見られず、そんな中、『ビワがいい』と噂で聞き、ビワの生葉を使った棒灸を1年半に渡って続けておられたのでした。

思わず「それほど呼吸が苦しいのに煙や臭いの出る棒灸をやっていたのですか」とお尋ねしたところ、娘さん曰く「冬でも換気扇を回しながらやっていました」とのことでした。
たまたま、ご友人が当サロンの看板を見て教えてくれたのだそうです。
実はこの方、幼稚園の理事長をされており、幸い住いは目と鼻の先だったのです。
娘さんに付き添われて来られますが、毎回、路面から三段上がっている当サロンの玄関で悪戦苦闘されるのです。
三歩で上がれる階段に10分もかかり、ようやく椅子に座っても息切れが収まるまで施術に入ることが出来ません。
施術後も同様のため施術時間自体は30分ながら出入りに30分、トータルで1時間を要します。

酸素ボンベを使用していてその状態ですから、COPDのグレードは、おそらく最も重い「5」だと思われます。
帰宅時も、家の中に入るまでに一休みせねばならず、その間に藪蚊に刺されてしまう有様なのです。
当サロンのビワ温灸は遠赤外線によるもので煙も臭いも出ないので呼吸器疾患の方には最適です。
施術は、初めは呼吸器をターゲットに上半身のみ当てましたが、全身の血流を促すうえでもどうにも足らず、ご本人の了承を得て、下肢から順に上がっていく当て方としました。
下肢から始め、腰椎の五番辺りから肺の背面全体、その後、腰をかけた姿勢で「肩井」から胸鎖乳突筋、鎖骨下の喘息のツボ、肺の側面まで入念に当てます。

毎回、開始から15分、腎臓の裏辺りまで来ると眠ってしまわれ、施術が終わると、「呼吸が楽になります。ありがとうございます」と感謝されます。
そして、夜も咳き込まずに眠れるようになれたことが最大の変化でした。
この方は、週5回来られています。
当サロンの施術で眠れて、夜もゆっくり休めるようになられたことで精神的にも落ち着かれ、お世話をされるご家族の助けにもなっておられるそうです。
施術開始から1ヵ月、酸素ボンベが不要になるほどの驚く結果は出ていませんが、眠れることの意義はちいさくありません。
高齢者で眠れないために睡眠薬や睡眠導入剤を服用される方は結構おられます。
薬に頼ることなく、心地好く眠れることが心身の支えになり、改善の希望に繋がっておられるのです。

◎疲労回復サロン(ご紹介はこちら
茨城県古河市諸川1789−7
TEL:0280−33−6500

◎「疲労回復サロン」に関する体験談
『ビワと健康』  2015年11月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 慢性呼吸不全の症状が緩和
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入