脊柱管狭窄症の痛みが改善

神奈川県相模原市 健康医学 相模原教室 楽耀 織田澤季世 室長

腰部脊柱管狭窄症を患った男性(81)の痛みが短期間で改善した例を紹介させて頂きます。

この方は、金属加工の会社を経営しておられます。
通常、業務は従業員に任せていても、状況によっては社長自ら現場で作業をしなければならないこともあるそうで、うちを訪ねてみえた日もたまたま現場に入った後のことでした。

1枚でも相当に重量のある鉄板を持ち上げて穴を開ける作業をくり返した結果、体の向きを僅かに変えるだけで腰にズキ〜ンと痛みが走って、歩行すら困難な状態に陥ってしまっていたのです。

健康な人でも腰を痛めてしまうような作業なのに、長年に亘って職業病のようになっている体で無理をしたものだから余計に悪化している感じでした。
実際、お話を伺うと以前から脊柱管狭窄症の診断は受けていて、それでも我慢をしながら動いていたというのです。

おまけに趣味が観賞魚の飼育で、家には2メートル以上の大きな水槽があり、その掃除でも腰を酷使するということでした。
ビワ温灸については、体験はないけれど聞いたことはあるとのことで期待されていました。
集中的な施術が必要と判断し、「ともかく毎日当てましょう」と始めたビワ温灸でしたが、効果を高めるためにビワ温湿布も同時に行ないました。

私流のビワ温湿布はビワエキスをペーパータオルに染み込ませ、ビニールに包んで痛みの患部に張り付け、その上からラップを被せ、さらにレンジで温めるタイプのホットパックを置き、その上から毛布を掛けて時間をおく方法です。
この温湿布をしつつ、別の部位から順にビワ温灸を当てていき、最期は温湿布を施した患部にビワ温灸を念押しで当てます。
僅かに捻るだけで激痛が走る腰部を中心に施術しましたが、腰の痛みと同時に左脚のふくらはぎが頻繁に吊るようになったとのことでしたので、そこにもビワ温灸を施しました。

ビワ温灸の効果は、まず左脚から現れました。
施術を始めると、途端にふくらはぎが吊ることがなくなったのです。
おそらくご本人にとってはこの効果が、腰痛改善の確信へと繋がったのだろうと思います。
とはいえ、ある意味年季の入った腰痛ですから1回や2回の施術では容易に痛みが収まることはありませんでした。
それでも、近所に住んでおられたこともあって、痛みに耐えながら少し歩いては休み、少し歩いては休みしながら、10日間頑張って通われました。
施術は、部位を絞っているとはいえ1回につきたっぷり1時間掛けました。
温熱の入り具合は初めから良好で徐々に痛みが軽減し、5日ほどでズキ〜ンと疼く痛みは取れました。
症状の揺れ戻しや体調好転反応といった現象もなく、10日経った時にはすっかり痛みのない普通の状態に回復していました。

肝臓ガンの痛みにも効果

今回の例でもそうですが、私が自信を持って言えることは、ビワ温灸は続けて行なうことで効果が得られるということです。可能な限り毎日、それが理想です。
例えば、肝臓ガンを患ったある男性は末期ゆえに腹水が溜り、病院では万策尽きたのか鎮痛剤のみ処方され、見放された形で自宅療養しておられました。
ビワ温灸の存在をお伝えしたところ、奥様から「すぐに温灸器を送って下さい」と依頼されました。
施術の仕方や部位のポイントをお伝えしました。
すると、始めて間もなく「痛みが取れました」と連絡を頂いたのです。
腹水のせいでお腹が張って食事が出来ない状態だったのに、ビワ温灸を始めてからは気持ちがよく、楽になって食事を取れるようになったとのことでした。
痛みが緩和され、薬を飲むこともなくなったとのことでした。

その後、入院されてからも奥様に「ビワ温灸を持ってきてくれ」とお願いされたそうです。
ガンの末期であってもビワ温灸は痛みを軽減し、気持ち良く感じるのですから凄いと思います。
以前紹介させて頂きましたが、私自身の酷い腱鞘炎もそうでした。
症状により差はあっても必ず楽になります。ビワ温灸は改善を信じて当て続けることをお勧めします。

◎健康医学 相模原教室 楽耀(らくよう)
神奈川県相模原市南区麻溝台3714
TEL:042−715−4976

◎「健康医学相模原教室楽耀」に関する体験談
『ビワと健康』  2015年2月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 脊柱管狭窄症の痛みが改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入