顔面神経の痛みに効果

神奈川県相模原市 健康医学相模原教室楽耀 織田澤季世 室長

痛みを伴う顔面神経まひで来られた男性(60)は、通うことが難しいとのことですぐにビワ温灸器を購入されました。

うちでは通常、顔面神経まひで来られた方には、脊髄活性法の機械を使って施術するので初めてのケースでしたが、この男性はビワ温灸で顔面神経まひが良くなったという話をどこかで聞いたことがあるそうで、自分で当てたいと言われました。

顔面神経まひの施術ポイントを書いて手渡しましたが、私の友人の知人でしたから後日、様子を見に二度ほどご自宅に伺いました。ところが、なぜか2個ワンセットの温灸器が1個しかありませんでした。

不思議に思って尋ねると、知り合いにガンの人がいて、すでに全身に転移しているらしく「一つ貸しちゃった」とのこと。
「えっ、じゃあ温灸器に注入するビワエキスはどうしたんですか?」と聞くと、「半分、容器に入れて、それも送ってやった」との返事で、やさしい人だなと感心しました。
この男性は自営業をされていて日中は忙しく、仕事場には温灸器は持参せず、ご自宅のみで当てているとのことでした。

「朝起きて毎日一生懸命当てているんですよ」と奥様が教えて下さいましたが、温灸器は1個だけだし、日中は当てていないので改善には少し時間がかかりそうに感じました。
それでも毎日当てているうちに、当初の顔面自体の痛みや「高い音がして頭の中まで痛くなる」と言われた耳鳴りは段々と収まってきて、1ヶ月ほどで痛みの症状は改善し、「本当に楽になりました」と喜ばれました。

ただ、顔面のまひはなかなか変化が現れませんでした。
痛みが取れたのはいいけれど、私としては顔のまひが戻らないことが気に掛かっていました。
2ヶ月が過ぎて私の友人がこの男性と会いました。ようやくこわばりが取れたようで「顔が変わってたよ」と教えてくれ、私も安堵しました。

五十肩でも即効性発揮!

五十肩で腕が上がらなかった女性(74)は、糖尿病を患いヘモグロビンの数値が高くてインスリンを打っていました。
何とかインスリン投与が必要のない体になりたいと通い始めたのですが、それについては脊髄活性法の機械を用いて施療を続けている状態です。

もう一つ悩んでおられたのが五十肩で、左腕が上がらないとおっしゃるのです。
日常の生活を伺うとベッドで左を下にして横向きに眠るのが習慣になっているそうで、ふくよかな方なので負荷が掛かっていることが考えられました。
ビワ温灸を当てた直後は、さほど変化は感じられなかったようです。
朝10時頃に来られたのですが、夕方になって彼女からメールが入りました。
「いや〜随分楽になりました」と文面から喜びが溢れていました。

僅か1回の施術で劇的に改善したものだからとても感動しておられ、1週間後に来られたときは「痛くなったら自分で当てられるから」とビワ温灸器を買っていかれました。
肩だけでなくヒザも時々痛くなるそうです。長距離を歩くことは出来ないとのことで、それもケアしたいとのお話でした。

◎健康医学 相模原教室楽耀(らくよう)
神奈川県相模原市南区麻溝台3714
TEL:042−715−4976

◎「健康医学相模原教室楽耀」に関する体験談
『ビワと健康』  2014年3月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 顔面神経の痛みに効果
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入