腱鞘炎の痛みが取れた!

神奈川県相模原市 健康医学相模原教室楽耀 織田澤季世 室長

台湾式の足揉みの仕事を始めて12年目になります。
台湾式の足揉みは英国式リフレクソロジーとは違って力を込めて施術するため、とりわけ男性の場合だと強い力を必要とします。

職業病というのでしょうか、2年ほど前から指が痛みだし、一昨年の暮れには整形外科を受診せざるを得ない状態にまで悪化してしまいました。
足揉みは、人差し指と中指の指角(関節突起部)を使って心臓の反射区辺りからスタートします。
2本の指でギューギューと押し揉んでいきますが、中指の方が飛び出しているぶん負担が大きく、まずは中指に症状が出ました。
中指が腫れて曲がらなくなり、次第に右手全体も腫れてきて、やがて手首、肘、肩にまで痛みが走るようになっていったのです。
整形外科の医師は、開口一番「中指の使い過ぎだ」と指摘し、典型的な腱鞘炎との診断を下しました。
「腱鞘炎は治らないんですよね?」と尋ねたところ、「いや、治るけれどそれには自分で一生懸命マッサージする必要がある」と言われ、リハビリの仕方を教えて下さいました。
全部の指を伸ばして中指だけ後ろ側に反らしたり、逆に内側に曲げる運動を続けると良いとのことでしたが、結局のところどんなにやってみても改善はしませんでした。
いくら痛くても毎日仕事があり、指を休ませることすら出来ません。自分なりに温めてみたりもしましたが、駄目でした。

肩から指先までズキズキ疼くものだから夜も眠れない日が続き、殆ど限界状態を迎えていました。
接骨院も訪ねましたが、「僕らも同じ仲間ですよ。お客様にマッサージをしているうちに腱鞘炎になっちゃって、この仕事を辞めた人はいっぱいいます」と言われ、さすがに私も仕事を辞めないといけないのかと覚悟しました。
今だから言えますが、当時の私は『いつ辞めようか、いつ辞めようか・・・』と悩んでいました。それほど深刻な状態だったのです。

ビワの効果を実感

そんな中、ガンに関する書籍をいくつか読んでいるうちにアミグダリンという名称に出くわしました。
ガンに有効とされるアミグダリンはアンズの他にビワにも多く含まれていることが載っている本を読み終えたときでした。
たまたま、末期ガンの女性(51)に対する施術の依頼が入ったのです。
この女性は乳ガンを患ったものの家族には黙っていたそうです。やがて咳が止まらなくなってしまい、異変を感じて病院を訪ねてみると肺に転移していることが判明したのです。
ガンの治療では有名な病院でしたが、診断はすでに末期、化学療法を行なうか、あるいは何もせずに自宅療養をするか、二者択一を迫られたそうです。
彼女は病院の治療を断り、自宅療養を選択しました。
しかし、もはや背中に激痛が走って起き上がることすら困難な状態に陥っていて、おばさんと呼ばれる方が心配して「先生、どうにか助けてやって下さい」と相談にみえたのでした。
おばさんと呼ばれる方は、以前からうちに通っておられる人でした。
私は食事療法をお勧めしました。私自身、玄米菜食を実践しており、それを実行して頂きました。

そして、もう一つ。「もし、ビワの葉が手に入るならビワのコンニャク湿布をしてみて下さい」とアドバイスさせて頂きました。
彼女はこのアドバイスを実行されたそうで、暫く経ってからお兄さんと一緒に挨拶にみえました。
ビワのコンニャク湿布を続けるうちに背中の痛みが消えて起き上がれるようになられたそうで、「今日はおばさんの家のサツマイモ掘りなので手伝いに来たんです。どうもありがとうございました」と感謝の言葉を頂戴しました。
その姿を見て、『ビワって本当に凄いんだな・・・』と感じ、早速、ビワ療法が学べる所を調べて訪ねてみました。

ビワ温灸を学ぶ

ビワ療法の勉強を始めてからは、何はともあれ自分の体の痛みの部位にビワ温灸を当てて見ました。
ソファーに腰かけ、背中の肩甲骨から右肩の周り、腕、肘、手指の裏表に至るまで遠赤外線のビワ温灸器を毎日毎日、一生懸命当て続けました。
1回の施療に2時間を費やしました。当てると体が楽になるのが分かり、ズキズキして眠れなかった痛みは1週間で消え、よく眠れるようになりました。

ただ、この1週間は体調好転反応として猛烈に眠い日が続き、辛かったのを覚えています。
それでも痛みが増幅するようなことは一切なく、体調は良くなる一方で、排尿も良好で代謝面での効果も感じました。
お客様が多かった日は少し痛みが出ることもありますが、そのときはすぐにビワ温灸を当てるようにしています。
代謝改善の症例を一つ挙げると、ある男性(86)は足のむくみがひどく、息子さんは会社を休んでまで病院に付き添うと言っておられましたが、「先生にお願いしてるからお前は会社に行っていいよ」と会社に行かせました。
いざビワ温灸を始めるとむくみはスーッと取れ、足はシワシワになってしまいました。
心配して会社から電話をかけてきた息子さんも、むくみが取れたと聞いてビックリされていました。
私自身は、最近は足裏から腰、背中、肩、首へと上がって行く形で1時間を目安に全身にビワ温灸を行なっています。

足揉みと違って力が要らず、それでいて痛みを取ったり代謝を高めてくれるビワ温灸は施術の上でも大いに活用出来るため、施術にも上手に併用していきたいと考えています。

◎健康医学 相模原教室 楽耀(らくよう)
神奈川県相模原市南区麻溝台3714
TEL:042−715−4976

◎「健康医学相模原教室楽耀」に関する体験談
『ビワと健康』  2013年7月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 腱鞘炎の痛みが取れた!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入