ムーンフェイスに奏効!

福岡県朝倉市 びわきゅうのワタナベ 渡辺龍美 代表

以前、紹介させて頂いた末期ガンの女性(50代前半)は脳腫瘍が大きくなっていたので放射線治療を受けました。

加えて脳圧を安定させるために膠原病などで用いられるステロイド剤を服用しましたが、副作用で顔が真ん丸に腫れ、いわゆるムーンフェイスになってしまいました。

喉の辺りまで腫れ、気道が締めつけられて食事がしにくく、呼吸すら苦しい状態でしたが、ビワの生葉を喉から胸にかけて貼ったり、『ビワの葉パワー健康法』に掲載されている記事を参考にしてビワエキスを薄めて市販の吸入器で吸入してもらうことで非常に楽になられました。
後頭部には、ビワの生葉を当ててその上から遠赤外線のビワ温灸を施しますが、不思議なことにビワの葉は悪い箇所ほど真っ黒に変色し、問題のない箇所は殆ど変色しません。
また、ビワの生葉はニット帽の内側にも貼り付けておられました。
ムーンフェイスは1ヶ月ほどで落ち着きました。

ビワ温灸を当てると気持ちが良くて体がすごく楽になると言われます。
余命僅かと宣告された彼女ですが、ご縁があってから1年が経ちました。
周りの人からは頑張れ頑張れと励まされるそうですが、ご本人の気持ちとしては『これ以上、どう頑張ったら良いのか分からない』との思いもあるそうで、出張施療のたびに精神的な面でのケアもさせて頂いています。

ご自分でもお腹を中心にビワ温灸をされ、手が届きにくい背中などはご主人やお母さん、お子さんが毎日当ててあげています。
最近は車にも自転車にも乗られ、調子も良いみたいです。

◎びわきゅうのワタナベ
福岡県朝倉市杷木林田415−4
TEL:090−1194−6174

◎「びわきゅうのワタナベ」に関する体験談
『ビワと健康』  2013年3月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > ムーンフェイスに奏効!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入