脳内出血の後遺症に効果

福岡家朝倉市 びわきゅうのワタナベ 渡辺龍美 代表

10年前、50代半ばで脳内出血した女性は、それ以来、左半身に麻痺の後遺症が残り不自由な生活を強いられてきました。
初めてうちに来られたときは右手に杖をつき、左手は縮こまったように曲がり、左足も自由が利かず引きずっておられました。
お話を伺うと、麻痺した左肩には四六時中数十kgのオモリがぶら下がっているように重く、辛くて仕方ないとのことでした。
また、出血の部位が視神経に関係していたらしく左目が二重に見える状態で、それらの不快感の解消を望んでおられました。
ビワ温灸は、基本のツボに加えて目の疾患に効くツボや目の周辺などに多壮を試みました。
半身が麻痺しているため、うつ伏せ時に自力で手足を曲げて体の向きを替えるのは難しい状態でしたが、施術を重ねるうちに次第に体の入れ替えが出来るようになっていきました。

左肩の重さが解消!

どうしようもない左肩の重さは、施術中にポイントとなる部位を見つけたことで劇的に改善しました。
右の首の付け根、つまり首の側面から肩にかけて大きな筋肉が横に走っていますが、ここがまるで鉄板を思わせるほど非常に硬く、凝っていたのです。
『ここにビワ温灸の熱を入れて柔らかくすれば良いのではないか・・・』
ピーンと閃くものがあって当て始めたところ、予想的中。その直後から重さがほぼ取れたと言えるくらい軽くなったのです。
それでも若干の重さは残ったものの1日置き、もしくは週2回きちんと通われ、当て続けているうちに完全に鈍い痛みは消えてしまいました。施術を始めて1ヶ月半くらいでした。
一方、二重に見えていた左目の改善はもう少し時間を要しました。
徐々に状態は良くなっていきましたが、はっきりと焦点が一つに戻るまで3ヶ月かかりました。
3ヶ月が経過したある日、施術が終わって「ありがとうございました」と挨拶され、頭を上げた際に私の姿が初めてちゃんと一人に見えたのでした。
それまではずっと二人に映る私と会話をしておられたそうです。

目の焦点や握力も改善

それでもまだ、そこから約1ヶ月間は朝起きて1時間くらいは二重に見えていたそうです。1ヶ月が過ぎると完全に焦点が戻って、違和感や不快感がなくなったのでした。
さらには麻痺している左手の握力も次第に戻ってきました。今では包丁も掴めるほどに改善しておられ、喜んでおられます。
うちでは足圧整体、リンパ流しも行なっていますが、ビワ温灸との相性は良く、相乗効果は本当に凄いと実感しています。
ビワ温灸をベースに足圧整体で仕上げるのがうちのやり方で、症状が重い方ほど改善の度合いが顕著なように思えます。

◎びわきゅうのワタナベ
福岡県朝倉市杷木林田415−4
TEL:090−1194−6174

◎「びわきゅうのワタナベ」に関する体験談

『ビワと健康』  2012年12月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 脳内出血の後遺症に効果
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入