肺ガンの腫瘍が消えた!

福岡県朝倉市 びわきゅうのワタナベ 渡辺龍美代表 まゆみさん

平成20年9月、主人がクモ膜下出血で倒れ手術を受けました。2ヶ月間入院の後、自宅療養に入りましたが、震えや記憶障害、ウツ症状などの後遺症がありました。

目はドロッとした感じで、自分で話したことも忘れるし、言葉もうまく話せず大変な状態が続いていました。

当時、勤めていた会社の社長さんからビワの葉温熱療法のことを聞き、サロンを訪ねてみました。
驚いたことに、ビワ温灸を3回ほど受けた時点で目つきが全く変わってきました。
先生から「今までのように車に乗る仕事は難しいだろうからビワの葉温熱療法の勉強をしてみませんか」とお誘いを受け、夫婦で修行させて頂くことにしました。
修行を始めて毎日ビワ温灸を当てるようになると、それまでは血圧もすごく高かったりして不安定でしたが徐々に安定し、記憶障害や会話などもぐんぐん改善していきました。

ただ、手の震えだけは相変わらず残っていました。
原因として考えられるのは病院で処方されるクスリ以外なく、服用を止めたところ手の震えは完全に止まりました。
ビワ温灸を受けて3日で目つきが変わり、1ヶ月ほどで全ての後遺症が取れたということです。
その間、朝から晩までビワ温灸を当てていたので夫婦共々体調が良くなってしまいました。
平成21年8月の開業以来、様々な改善を目にしてきましたが、最近はガンの方が多い傾向です。

肺ガンで8月23日に来られた男性(79)は、手術を間近に控えておられました。
左肺切除が決まっていましたが、週2〜3回ビワ温灸を受けるうちに肺の重苦しさが取れてきて、顔に赤みが差してきたのです。
お年を召しておられるし、「手術は考えたほうが良いのではないですか?きちんと調べて貰われた方が良いですよ」と助言させて頂きました。
ご本人も「そんな風にしてみます」とのご返事でしたが、結局、調べないまま9月13日に手術を受けられたことを知りました。

9月29日、ご本人から電話がありました。
「今日、退院しました。胸を開いたけれどどこにもガンが見当たらなくて、何も処置されませんでした。お宅でビワ温灸をしてもらったからだと思います」とのことでした。
思わず「エ〜ッ」と驚きました。
手術前に検査がなされなかったことは残念でしたが、腫瘍は完全に消えていたのです。
ビワ温灸を当てているときはハーブのホットパックを患部に当ててもらいますが、これも良かったと思います。
ホットパックを当てておくとビワ温灸の熱の入りがすこぶる良いのです。

末期状態から回復

治療をしても治療をしても次から次へと体のあちこちでガンが見つかり、絶望の淵に立たされていた女性(50代前半)が訪れたのは、今年2月のことでした。

最初の発症は子宮ガンだったそうです。手術で摘出したものの今度は腹部に腫瘍が見つかり、それについては放射線治療を行ったとのことでした。
その後、首の甲状腺付近に転移が見られ・・・、まるでもぐら叩きのように腫瘍が見つかる状態が続いていたといわれます。
うちで施術を始めたきっかけは、たまたまお母様の付き添いで来られた際に、多くのガンの方がビワ療法を行っている事実を知り、また、うちで ファイルしている月刊「ビワと健康」を通じて具体的なガンの改善例に触れ、希望を持たれたことにありました。
「私ガンなんです。私も診て下さい」と切実な表情でした。
お話を伺うと、前述のごとくかなり深刻な状況にあり、「余命は僅か。子供の小学校の卒業式も中学の入学式も、出たいけれど出れないと思う」と嘆いておられました。

実際、手術でリンパ節も切除されていて浮腫がひどく、足はパンパンに腫れて気の毒な状態でした。
思うような結果が得られなかったこれまでの治療に失望し、「自分はもう放射線治療とかはしません」と呟かれました。
ともかく、その日からビワ温灸と足圧整体を併用した施術を始めたのです。
うちの施術はビワ温灸がメーンですが、最後の仕上げに足圧整体でリンパ液や血液の流れを整えるのが特徴です。
おぼつかない状態でした。
ビワ温灸器を購入され、ご自分で当てていても、なかなか思うようには当てられず、訪問の施術を喜ばれます。
ビワ温灸の威力はすごく日に日に元気になられました。

文字を書くことが出来るようになり、小走りで玄関まで出迎えて下さるようになるまで、さほど時間を要さず、こつこつと施術を続けるうちに足の浮腫は割と早い段階できれいに取れ、念願だったお子さんの卒業式にも入学式にも出席が叶いました。
その後も体調は順調に改善し、ガン患者さんとは見えないほど元気になられて自営業のお仕事にも精を出され、充実した日々を過ごされました。
やがて季節は移り、夏になりました。
もはや新たに夏を迎えることはないと諦めて、去年のうちに夏服を全部整理されていたそうで、「だから今年は夏物がないんですよ。夏物を買わんといかん」と話された時の笑顔は印象的でした。
全てが順調に思えた7月末、8月が繁忙期とのことで「1ヶ月お休みを下さい。9月になったらまた来ます」と言われ、しばし期間を開けました。
そして、9月になり電話がありました。
意外な内容でした。
「行きたいけれど、実は文字も書けないし、運転も出来ません。真っ直ぐ歩くのも困難になり病院で診てもらったら脳に腫瘍が飛んでいたんです。手術が終わったらまた電話します」
それから何日か経ちました。
「脳の腫瘍は短期入院し放射線で焼きました。退院してきました」
やるせない思いでご自宅を訪ねました。

順調に推移してきただけに「1ヶ月間、もったいなかったですね」とお話しすると、ご本人もそれを強く感じておられ頷いておられました。
腫瘍自体は放射線で小さくなったのですが、やはり文字は書きにくく、歩行もしませんでした。
また、ご自分でビワの生葉をお腹に当てられるようにサラシを腹巻のようにして、縦に縫い目を入れてビワの葉が差し込めるように工夫しておられました。
お腹には放射線治療を行った部位とは別に腫瘍があって腰痛が辛いそうですが、それを巻いて寝ると痛みが緩和され、楽になるとのことです。
現在は、週3回訪問してビワ温灸と足圧整体をさせて頂いています。

◎びわきゅうのワタナベ
福岡県朝倉市杷木林田415−4
TEL:090−1194−6174

◎「びわきゅうのワタナベ」に関する体験談

『ビワと健康』  2012年11月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 肺ガンの腫瘍が消えた!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入