花粉症はビワにお任せ!

福岡県朝倉市 びわきゅうのワタナベ 渡辺まゆみ さん

ビワ療法による花粉症の改善例はいくつもありますが、まずは私自身の改善例を報告させて頂きます。

私の花粉症歴は、かれこれ30年。初めて症状を自覚したのは、まだ20代の時でした。
当時は、花粉症という名称がアレルギー性鼻炎とは区別される形で浸透し始めた頃でした。

春先、突然目が猛烈に痒くなりました。
『何でこんなに目が痒いんだろう』と不思議に思いつつ我慢できずに掻きまくったところ、お化粧が出来ないほど腫れ上がりました。その時点で「あっ、これが花粉症か」と自覚したのでした。
もの凄く大変でしたが、私は元来病院嫌いのため市販の目薬で耐えました。
以来、毎年市販の目薬で誤魔化し続け、年によってひどい年も軽く済む年もありましたが、とにかく病院を避けて来たのです。

初めは目の痒みだけでしたが、やがて鼻水も出るようになり、ひどい年は鼻の服用薬も併用しました。
皮肉なことに最も厳しい状態に陥ったのは、『花粉症にはビワ療法が有効』と知った年でした。鼻の薬は心臓に良くないという情報がテレビで放映され、これを続けてちゃ駄目だと思っていたところに『自然療法のビワ温灸が良い』と耳にしたのです。

善は急げで、ビワの葉っぱを求めて採取に奔走したわけですが、運悪くビワの開花時期だったのです。
私の花粉症は、すでに春先だけではなくなっていました。スギはもちろん、ヒノキにも反応し、イネ科の植物の花粉にも反応します。秋口にはブタクサなどでグシュグシュが始まり、とにかく1年中すっきりしないのです。
当時学んでいたビワ療法の先生からビワ温灸を受け、症状は収まりました。
それ以来、症状が出れば自分でビワ温灸を当てるようになりました。
ビワの種も飲みだしました。特に錠剤タイプの種を飲むようになってから殆ど花粉症に悩まされることはくなりました。
飲む量は1日2回。朝夕、15錠ずつ飲んでおけば大丈夫です。ちょっと今日は大変かな、と思うときは20錠ずつに増やします。
それでもなお厳しい時は、ビワエキスを綿棒に含ませて鼻の内側に塗っておくと良いのです。

ビワ温灸、ビワの種、そしてビワエキス。何重にも手を打っておけば完璧です。
何しろ施術中に私が鼻水を垂らしていたのでは説得力に欠けますからね。
お客さんの中にも腰痛で来られていた男性(60)が、鼻をグシュグシュしておられました。
施術の終わりに「鼻にもやっておきましょうね」と当てたところ「すごく気持ちが良い」と喜ばれ、花粉症だとおっしゃるのです。
腰痛は良くなり、卒業かなと思っていたのですが、「もう少し続けます」ということになりました。

蓄膿症にもビワ温灸

ビワ温灸は蓄膿症でも威力を発揮しています。
以前、肺ガンの改善で紹介させて頂いた男性(79)は、肺の息苦しさはなくなり、病院で「完治している」と言われたそうです。
肺は良くなったけれど、腰痛もあって週1回来られているのですが、ある日、「最近食事はどうですか?」と尋ねてみたところ、「う〜ん、あんまり美味しくない。味がしないから」との返事でした。

味は臭いと関連していますから「もしかして鼻が悪くないですか?」と尋ねると「実は蓄膿症なんだ。ずっと病院に通ったけど全く良くならないから最近は放っている」とのお話でした。
「それじゃ、鼻にも当てておきましょうね」と伝えて当て始めたところ、3回目が終わって4回目に来られたとき、「臭いが分かるようになってきた。ご飯の味が分かるんだ」と大変嬉しそうに報告して下さいました。
蓄膿症は、鼻周辺を中心に花粉症と同じツボに当てれば良いわけです。

びわきゅうのワタナベ
福岡県朝倉市杷木林田415−4
TEL:090−1194−6174

◎「びわきゅうのワタナベ」に関する体験談

『ビワと健康』  2013年2月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 花粉症はビワにお任せ!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入