子宮筋腫が消滅した!

福岡県朝倉市 びわきゅうのワタナベ 渡部龍美 代表

子宮筋腫が改善した女性(60代半ば)は、乳ガンの術後ケアで来られた方でした。
乳ガン自体は比較的小さい段階で手術されたとのことでしたが、いざ施術に入ると異様に大きなお腹が気になりました。

ご本人は体重が増えたくらいの感覚でおられたようですが、腹部の張り出しと硬さが尋常ではないので、ビワ温灸を施しながらお尋ねしたところ「ひょっとしたら子宮筋腫かも・・・」と仰いました。

心のどこかで薄々感じてはいたけれど、認めたくない思いが病状を自覚させにくくさせていたのかもしれません。
その後、彼女は病院を受診され、やはり子宮筋腫と診断されました。
しかも、その大きさは新生児の頭くらいのサイズで「手術した方がいい」と告げられたものの、ご本人の気持ちを考慮してか「一応経過をみましょうか」となったとのことでした。
そこで、うちでの施術は乳ガンと子宮筋腫の両方をケアすることとし、時間も大体半々費やすようにしました。

週1回のペースで施術を進めましたが、遠赤外線のビワ温灸とともにビワの生葉を用いた温熱療法も併用しました。
まず、ビワの生葉を腰にのせ、その上からホットパックを当てて温めます。
そのまま背面のビワ温灸に入るわけですが、これをしておくと温灸の熱の入りが格段に良くなるのです。
生葉を腰に当てるのは、両側の腎臓のツボを温めることが主たる目的で血流もリンパの流れも促してくれます。
背中の施術が終わると次は下腹部に移ります。
下腹部のときはビワエキスを塗ってからビワ温灸を施します。

ビワ温灸で体温が上昇

ビワ温灸はホットパックの併用とあいまって全身が温まり、とても気持ちが良かったようで、施術中に寝息が聞こえることもしばしばありました。
また、初回のときにビワ茶をお勧めし、毎日飲んで下さり、ビワの種(錠剤タイプ)も1日10〜15錠飲むようにされました。
施術を始めてから2ヵ月、排尿が沢山あり、当初35度台後半だった体温は少しずつ上昇していきました。
それでも、お腹の大きさ、硬さとも変化はありませんでした。
ところが、2ヵ月が過ぎた辺りから徐々にお腹がへこんできて、同時に柔らかくなって、ご本人も「体重が少しずつ落ちてます」と仰っていましたが、3ヵ月が過ぎると急激にお腹はへこんでしまいました。

この時点で体温も36度台半ば、健康な人の平均的な値になっていたのです。
明らかに筋腫は小さくなっている−−。
私には確信があり、もう一度病院で検査を受けることをお勧めしました。
結果は、予想通り。ものの見事に子宮筋腫は無くなっていました。

ガンを患った方は、体温が低く、お腹が冷えていることが多く、この女性の子宮筋腫も低体温と連動しているように感じられました。
子宮筋腫の方は何人か来られましたが、この方ほどお腹が大きかった人はいませんでした。
施術でうつ伏せの姿勢を取る際は、極力お腹を圧迫しないように膝と腿の間にクッションをあてがっていたほどです。
彼女は理容師さんで、1日立ち仕事です。気持ちも前向きであまりくよくよされるタイプではありませんが、施術開始当初より表情が明るくなった気がしますし、実際、身体も軽くなったと仰っています。
現在は2週間から3週間に1回来られ、ケアのためのビワ温灸を続けておられます。

◎びわきゅうのワタナベ
福岡県朝倉市杷木林田415−4
TEL:090−1194−6174

◎「びわきゅうのワタナベ」に関する体験談

『ビワと健康』  2017年10月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 子宮筋腫が消滅した!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入