老犬がビワの種で健康回復

山口県周南市 ビワキューヘルスさいとう 斉藤千賀子 代表

足腰の痛みや肩こりなどでビワ温灸やビワの種(錠剤タイプ)を愛用されている方の愛犬(オス、雑種)が、体調を崩してしまいました。

老犬なので活発に動き回ることはないとはいえ、明らかにぐったりとして如何にも具合が悪そうな様子で、さらにシコリ状のものができていたもとから動物病院で診てもらったとこのとでした。

しかし、はっきりとした病因は判からずシコリも何なのか判明しなかったそうです。
そこで、とりあえずご家族で愛用するビワ療法を試してみられたのでした。
錠剤タイプのビワの種はちょうどドッグフードと似ており、餌に混ぜると大抵の場合嫌がらずに食べてくれます。
少し多目に食べさせたい時や苦手な犬の場合でも、パンの耳にくるんでやれば抵抗なく食べてくれます。
このワンちゃんは毎日ビワの種を食べ、食べ始めてから10日ほどで元気を取り戻しました。

それ以降、動物病院には行っていないそうなので完治したかどうかは分かりませんが、すこぶる元気とのことです。
ビワ療法以外は何もしていないことから「ビワ以外考えられない」とおっしゃられ、ご家族はとても喜んでおられます。

◎ビワキューヘルスさいとう(ご紹介はこちらです。)
山口県周南市孝田町13−7
TEL:0834−28−5212

●「ビワキューヘルスさいとう」のホームページはこちらです。

◎「ビワキューヘルスさいとう」の改善例
『ビワと健康』  2011年4月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 老犬がビワの種で健康回復
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入