O脚の痛みが取れた!

山口県南市 ビワキューヘルスさいとう 斎藤千賀子 代表

O脚で両膝に痛みを抱えていた女性(70代後半)がご主人に連れられてみえました。

脚全体が湾曲して完全に固まっており、とくに膝の骨はまるで付き方が違っているかのように腫れて変形した状態で、O脚そのものを治すことは不可能と自覚しておられました。

病院や整体、鍼灸院などで治療をうけても改善せず、紹介でうちを知り、ビワ温灸を試してみようと思われたそうで、ご本人の希望としては「痛みが取れて歩き易くなったらいい」とのことでした。

週2回のペースで施療を始めました。
当所は効果は感じられなかったのですが、6ヶ月が経過したころから改善が現れ始めました。痛みが軽くなり、杖を使わずに歩けるようになったのです。

その頃から週1回のペースにしましたが、時々杖を忘れて帰られることもあって痛みの軽減を物語っていました。
傍目にも改善は如実だったようです。農協に行かれた際、窓口の人から「腰が伸びて姿勢が良くなったね。どこで何をしたん?」と声をかけられたそうです。

当初、膝の痛みから杖をついて歩く姿は体が大きく左右に揺れていました。その揺れが小さくなり、杖なしで平気になったのですから周りが驚くのも無理はありません。
ビワ温灸を当てると1週間は痛み知らずとなり、やがて全く痛みは出なくなりました。
最近はお米や野菜を作り、多く採れれば農協に卸すほど元気になられました。

月2回、健康維持の目的で通われていますが、かつてご主人に送迎されていたのがうそのように、ご自分で車を運転して来られます。

坐骨神経痛が改善

坐骨神経痛の女性(60代後半)は整形外科で低周波やウォーターマットを使った治療を受け、湿布薬が処方されていました。

しかし、あまり効果がなく、タウンページを見て訪ねてみえました。
脚の痛みは突然出たそうですが、原因ははっきりしていました。

長年、お義母さんの介護をされてきたそうですが、ご主人までガンを発症して入院され、介護の甲斐なく亡くなられたのです。心身両面の疲れが症状として現れた形で、「立て続けだったから大変でした」と話される言葉には無念さが滲んでいました。
幸いビワ温灸の効果はてきめんで、1回目から痛みが取れて「歩きやすくなった」と喜ばれました。

ところが、2、3日経つとまた痛みが出てきたので、しばらく週2回通って頂きました。
足をひきずって来られ、ビワ温灸を行なうと痛みが消えるので、楽になった足で銀行や郵便局、買い物などを済ませて帰宅されることが習慣になられましたが、そのうち1週間もつようになり、やがて痛みはきれいに消えてとても感謝されました。

五十肩も改善の兆し

五十肩の主婦(50代半ば)は利き腕とは反対の左腕が上がらなくなってしまいました。しかし、病院では原因不明。「これといった治療法はない」と言われて困ってしまい、知人の紹介で来られました。

症状としては、髪結いはもちろん、衣服の着脱やボタンを止めるのも苦労する状況で、施療時も痛みでうつ伏せの姿勢が取れず、横向きと座った姿勢でビワ温灸を行ないました。
初回のビワ温灸で楽になる予感が得られて、通うことを決めたそうです。

週2回通われ、1ヶ月ほどで痛みがかなり軽減され、夜寝れないこともなくなり、「痛みの峠を越した」と言われました。
まだ腕は完全には上がらず、髪結いは難しいながらも動作の幅は広がり着実に改善が進んでいます。

自律神経失調症でも

自律神経失調症でみえた主婦(70代後半)は胃の痛みを訴えておられましたが、病院の検査では異常が見つからず「神経が細かすぎるんだ。気にしなさんな」と医師に言われたそうです。

実際、神経質そうな細身体型の方で人間関係に気を使っておられました。
ビワ温灸は胃の位置を中心に胸部と背部を前後に挟む形で当てています。
こうすると胃が動き出すらしく楽になるそうで、寝つきもよくなったと喜んでおられます。

◎ビワキューヘルスさいとう(ご紹介はこちらです。)
山口県周南市孝田町13−7
TEL:0834−28−5212

●「ビワキューヘルスさいとう」のホームページはこちらです。

◎「ビワキューヘルスさいとう」の改善例
『ビワと健康』  2009年10月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > O脚の痛みが取れた!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入