簡易ビワエキスが重宝

山口県周南市 ビワキューヘルスさいとう 斎藤千賀子 代表


ビワ療法の守備範囲は広く、とても深刻な大病からごく一般的な肩こり、腰痛まで様々な症状に対処出来るので愛好者はまさに十人十色の感があります。

例えば病院の食堂でパート勤めしている60代の女性は、自身でビワ温灸を当てることで腰痛や座骨神経痛を予防し、健康管理的に活用しておられます。

彼女曰く、「60を過ぎると結構疲れる」ので、1日の締めくくりに腰や脚に当てておくと疲れが取れ、仕事が続けられるとのことです。
また、ガンの方の中にはビワの実がなる季節には生の種を金づちで潰し、コーヒーミル等で粉砕して飲んでいる方が数人います。

うちはサロン的にビワの愛好者が集まりますから、ビワ療法をはじめ健康に関する色々な話が交わされます。
一つ紹介するとビワエキスづくりがあります。
本来、ビワエキスは葉を漬け込んで作るものですが、葉っぱを洗ったり乾かしたりと結構手間がかかるものです。

そこで簡単なのでお勧めしたいのが、市販のビワの葉茶を用いた方法です。
1リットルのホワイトリカーにビワの葉のお茶パックを10袋くらい漬けておくと、きれいな色のビワエキスが出来上がります。

生葉抽出ではありませんが、それでも風邪のときに薄めてうがい薬のように使えば喉の痛みを緩和してくれますし、ムカデや植木の虫などに噛まれたり、刺されたりしたときは患部に塗っておくと痛みを抑え、腫れも速くひいて痕も残りません。

水虫の改善にも一役かってくれるし、使い方は様々。本当に重宝します。
ビワの温圧を通じて、夫婦がお互いに毎日当てあうことで健康維持とコミュニケーションが図られている例もあります。

◎ビワキューヘルスさいとう(ご紹介はこちらです。)
山口県周南市孝田町13−7
TEL:0834−28−5212

●「ビワキューヘルスさいとう」のホームページはこちらです。

◎「ビワキューヘルスさいとう」の改善例
『ビワと健康』  2008年2月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 簡易ビワエキスが重宝
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入