腫れ、痛みにビワ温灸

宮崎県宮崎市 ビワ温灸療法おおはし 秋山智英 代表

ビワ温灸の効用として、殺菌作用や鎮痛作用などがありますが、そうした作用に該当すると思われる最近の改善例を2、3例紹介いたします。

◆右目のものもらいで来られた女性(40歳くらい)は、以前からうちに通っておられ、ビワ療法が様々な症状で改善例があることをお伝えしていたので眼科に行く前にまず訪ねたとのことでした。
右目の上瞼の端っこがコリコリと腫れており、様子を尋ねると前日から少し違和感があったそうで、朝起きると大きく腫れていたとのことでした。
目の周りを30分ほどかけてゆっくりとビワ温灸を当てました。極力1カ所に留めず、頻繁に当てる部位を変えながら行ないました。
ビワ温灸が終わって半日ほどで腫れはひき、一重になっていた瞼が元の二重瞼に戻り喜ばれました。

◆12歳の男の子は、左足のふくらはぎの中央辺りに10cmほどの硬いしこりが出来ていました。
うちに来る2日前からしこりは出来、変色はしていないまでも痛みがあり、原因がはっきりしないだけにご家族も心配しておられました。
しかし、よく見るとしこりの中央に小さな傷のようなものがあるのです。「毒虫か何かじゃない?」と尋ねると、そうかもしれないとの返事でした。
しこりの周辺部からビワ温灸を行ないました。
中央に向けて暫く行なっていると、中心の傷らしき箇所から透明の液体が少量出てきました。「何か出てきたね」と話し、周りから押すように絞り出しました。
ビワ温灸は1回きり、20分ほどゆっくり当てただけでしたが痛みは取れ、それっきり改善しました。

◆7年前から右半身に痛みを抱えている女性(37)がおられます。お仕事はパソコンを使ったデスクワークですが、ご本人曰く、原因は職場での対人関係によるストレスではないかとのことでした。
腕や首の下の鎖骨の窪み、さらに脚の筋を追うように痛みがあり、鍼灸をはじめ様々な治療を受けてこられ、ご本人もヨガをするなど努力していたそうですが、一向に痛みが取れないのでうちを訪ねたそうです。
私が見る限り、痛みの流れがリンパに関係しているようでした。全身と痛みのある局所にビワ温灸を施しました。
昨年の11月初旬から週2回のペースで通われ、現在では一度ビワ温灸を行なうと、かつては続いていた痛みから2日間は解放される状態で、仕事の都合上無理ながら、「週3回なら痛みなしで過ごせるのにね」と話せるまでになっています。
また足の指が異様に硬く、触ると腰の辺りまでビリッと痛みが走る状態で柔軟性もないため揉みほぐす方法もアドバイスしましたが、お風呂の中で右足を中心に行なったそうで確かに柔らかくなってきました。
対人関係は解決し、それを引きずっているわけではないものの未だに関係しているのでは、との思いがあるそうです。
ただ、外的にひどい冷え症ですし、デスクワークに変わりがないので温めることを中心にした施療が今後も有効であろうと考えています。

◎ビワ温灸療法 おおはし(ご紹介はこちらです。)
宮崎県宮崎市大橋2−146
TEL:0985−31−8485

◎「ビワ温灸療法 おおはし」に関する体験談 『ビワと健康』  2009年1月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 腫れ、痛みにビワ温灸
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入