毒虫の刺激痛が消えた!

宮崎県宮崎市 ビワ温灸療法おおはし 秋山智英 代表

昨年の夏、短パンで庭に出ていた時のことです。チクリと左太股内側を何かに刺されました。
余りに痛いのと、見る間に直径5cmほどに赤く腫れ上がるのとで、蚊ではない毒虫だと思いました。
すぐにビワ温灸を施しました。器具が触れるだけで痛くてたまりませんでしたが、患部にたっぷりエキスを塗り、ゆっくり深呼吸をしながら約30分。夜になると直径15cmになり、太股全体が痛くて引きずるようにして歩いていました。

しかし「これはビワのエキスが毒と闘っているのだ。明日には絶対良くなる!」と信じて床に就きました。
翌朝、直径15cmの腫れはオレンジがかった色に変わり、痛みは無くなっていました。毎日ビワ温灸をしているうち、3日目には薄い黄色に変わり、1週間で刺された跡がポツンと残る程度に回復しました。
あれほどの痛みが1日で消えて、跡も残らずきれいに治るなんて!ビワ温灸に改めて感謝しました。

また、ある日の夜中、主人が急に「目がおかしい、見てくれ」と言うので、明かりをつけると、左目の白目の部分が半透明のゼリー状に脹れ上がり、ブヨブヨになって今にも目から流れ出しそうになっていました。

聞けば、「何か目に入ったような気がしたからこすったらどんどん痒くなって止まらなくなり、涙も後から後から出てくる」と言うのです。
そこで、何かにアレルギー反応を起こしていると思った私は、まず目の周りにビワエキスを塗り、ビワ温灸を繰り返しました。
頭部の目の裏側「玉枕」にも温灸し、合わせて約40分施灸しました。
翌朝、主人の目はすっかり良くなっていて、本人も「良かった。これで職場でお客さんとお話することができる」と大変喜んでいました。

数日後、3歳の息子が風邪を引きかけました。鼻づまりと目やにが特にひどく、朝は黄緑色の目やにがべったりくっついて、目が開けられない状態でした。
お風呂上がりに子供の背中、「身柱」のツボに10秒×5回温灸を施し、目にもスイッチを切った後の余熱で10秒×4回施灸しました。
その晩、驚いたことに寝ている姿を見ると、すやすやと気持ちよさそうに寝息を立てているではありませんか!
あのひどい鼻づまりが治っていたのです。
そして、翌朝。すっきりとした可愛い目で「お母ちゃん、おはよう!」と言うのです!
この効き目に、家族中びっくりしています。

◎ビワ温灸療法 おおはし(ご紹介はこちらです。)
宮崎県宮崎市大橋2ー148−2
TEL:0985ー31ー8485

◎「ビワ温灸療法 おおはし」に関する体験談 『ビワと健康』  2004年5月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 毒虫の刺激痛が消えた!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入