曲がった腰が伸びた!

宮崎県宮崎市 ビワ温灸療法おおはし 秋山智英 代表

腰痛で来られた70代の男性は、大袈裟でなく90度下を向き、歩行する姿は前かがみに体を二つ折りしたような格好でした。

医師には「長年の力仕事、労働の末に曲がったものです」と言われ、治療でブロック注射を受けても痛みは収まらなかったそうです。
痛みの中心は腰でしたが少し座骨神経痛気味で、ヒザの辺りまで痛みとともに痺れが出ており、腰を伸ばそうとするとその両方の症状に襲われるため動きたくても動けず、ストレスも溜まっている状態でした。ビワ温灸を行なう際も、腰を伸ばすだけでひと苦労。

初めのうちは「ちょっとお時間をください」と言われ、「せめて痺れが取れるだけでも良いですから・・・」とビワ温灸に期待を寄せつつも弱気になっておられる様子でした。
ビワ温灸は、腰痛のツボを重点にヒザの裏やカカトにも当てました。

最初は1週間に2回行ない、その後は週1回のペースに切り替えたのですが、回を重ねるごとに痛みは和らぎ、同時に体が柔らかくなって前傾姿勢が緩やかになりました。
上体が起き上がるにつれて歩く速度も速くなり、それに伴ってストレスも解消されていきました。
ビワ温灸を始めてから1ヶ月半で痛みも痺れも消え、殆ど症状が出なくなったので終了としました。

骨の神経が圧迫されて出た症状のようなので、それ自体が治ることは難しいのかもしれませんが、病院の治療に併せてビワ温灸を行なったことが良い結果に繋がったと思われます。

足の捻挫が早期改善

6歳の女の子が運動会を1週間後に控えて練習中に足を捻挫しました。
この子のお母さんはビワ療法のことを知っておられ、病院に行くよりもうちを訪ねたとのことでした。

練習で高いところから飛び降りたときに右足を捻挫したそうです。
患部は足首と足指の中間に位置し、いわゆる足首を捻った捻挫ではなく、打撲と捻挫が合わさったような状態で腫れ上がっていました。
腫れて炎症を起こしていたため、まず保冷剤で冷やしました。5分ほどで冷たくなるので、それからビワ温灸を行ないます。
炎症を起こしている箇所にいきなりビワ温灸で熱を加えると、かえって疼くこともありますから注意が必要です。
冷やして炎症を和らげてからビワ温灸を行なうと嫌な感じがしないのです。
そして、ビワ温灸で温まってくると再び保冷剤で足の裏と甲をサンドイッチするように冷やすのです。
通常は冷やしませんが、捻挫や打ち身の直後に行なう方法で、腫れている見かけよりも痛みが早く取れて楽になるのです。
2日目までこの方法をとり、腫れがひいた3日目からビワ温灸で温めるだけにしました。
3日目には普通に歩けるようになっていましたが、負荷がかからぬよう「当日までは我慢してね」と走るとか飛ぶといった強い運動は禁止しました。

足をひきずっていた当初の状態からは予想できないほどの早期改善で、運動会当日は参加予定種目にみんなと一緒に全て出場することが出来ました。

◎ビワ温灸両方おおはし(ご紹介はこちらです。)
宮崎県宮崎市大橋2−148−2
TEL:0985−31−8485

◎「ビワ温灸療法 おおはし」に関する体験談 『ビワと健康』  2008年1月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 曲がった腰が伸びた!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入