安産のツボにビワ温灸

宮崎県宮崎市 倉牧子 さん (35)

ビワ温灸との出会いは、友人の秋山さんが『ビワ温灸療法 おおはし』を開業したことによります。

喘息の3歳の息子はビワ温灸を当ててもらった日はピタリと咳が止まります。

私も産前産後の冷えに効くと感じたので出産の2週間前から安産のツボといわれる「三陰交」に時々当ててもらいました。
出産4日前、注文した温灸器が届いたので4日間は自宅で毎日15回くらい強めに当てました。

出産当日は、陣痛が3分感覚になるまで全く痛みを感じず、陣痛開始から5時間で元気な男の子が生まれました。
出血も微量でした。助産婦さんから「きつかったのは最後の20分だけね」と言われるほど本当に楽なお産でした。

産後も助産院に温灸器を持ち込み、床上げまでの3週間は毎日「三陰交」や冷え症のツボに当てました。
冬の出産で特に体が冷えていましたが、温灸を行なうと足の先から暖まり、寝るときも冷えません。

出産した当日、秋山さんが訪れて温灸をしてくれたことは、何よりもありがたい出産祝いでした。
ビワ茶ももらい、毎日飲みました。
お蔭様で上の子の時は8週間続いたつわりが、今回は3週間で終わり、経過はとても順調でした。

中耳炎にもビワ温灸

小児湿疹もビワ化粧水をつけると頬の小さい部分のみで短期間で消えました。
また、目やにが沢山でたときもビワ茶で拭くなど、ビワさまさまでした。
ところが元気過ぎたのが災いしてか床上げから1ヶ月したころ急性中耳炎にかかってしまいました。

その1ヶ月間は、上の子に付き合って頻繁に外出したり、夜中も子供たちが起きるのであまり眠れなかったうえ忙しくて温灸をしていなかったのです。
中耳炎は、鼓膜切開手術後も痛みが5日間続き、耳だれは10日ほど続きました。

耳鼻科では「体の抵抗力が落ちているので安静にするように」と言われ、抗生剤をもらいました。
しかし、抵抗力が落ちているせいか薬が効かず、飲み始めて6日目の検査ではかえって聴力は落ちていました。
その前日から秋山さんのところに通いました。「中耳炎の他に産後の血の道から来ていると思う」とのことで、婦人科系のツボにも施療してもらいました。
通い始めて5日目、耳鼻科で「もう薬は要らない。毎日通わなくてもいい」と言われ、8日目には「聴力も正常値。見かけもきれいになっている。治りました」と言われたのです。
発病後、13日目のことでした。

重症で全然薬が効かなかったのに、2週間足らずで完治し魔法のようでした。
その後も、しばらく耳に膜が掛かったような違和感があったので、ツボの本を見ながら当てました。
寝転んで授乳しながら子供を寝かせつけるとき、温灸器を持って耳や後頭部、腕などに当てました。これなら温灸のためにわざわざ時間を割く必要もなく、続けやすいのです。
発病から2ヶ月半で違和感もなくなり、すっかり元通りになりました。

今やビワ温灸は、わが家では欠かせないものとなっています。
先日も上の子がヘルパンギーナで喉が腫れ、唾も飲み込めず、病院では完治1週間と言われましたが、3日間ビワ温灸に通うと殆ど治ってしまいました。

生後4ヶ月経った下の子も2週間ほど咳が出ていましたが、一緒に当ててもらうと良くなりました。
ビワ温灸に出会う以前は子供が病気になると病院に連れて行き薬を飲ませることしか出来ませんでした。
こうして安全かつ確実に治してやれることが母親として大変嬉しく思います。

◎ビワ温灸療法 おおはし(ご紹介はこちらです。)
宮崎県宮崎市大橋2丁目148−2
TEL:0985−31−8485

『ビワと健康』  2004年8月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 安産のツボにビワ温灸
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入