母の脳腫瘍、危機を脱出!

福島県伊達郡 堀江正一 さん (51歳)

平成10年8月下旬、母親が突然倒れてしまいました。
身体が脱力して、死んだような状態で救急車で病院に運ばれました。

頭部CT、MRI等の検査により進行性の悪性脳腫瘍と診断され、直ちに手術が必要であること、さらに手術をしても2〜3ヶ月の命であろうことを告げられたのです。
翌日、7時間にわたる緊急手術を受けました。

術後、医師から右脳の破裂した腫瘍を切り取ったものの全ての腫瘍を摘出したわけではないとの説明を受けました。

どうしようか。思い返せば1ヶ月くらい前から「右の頭が重い」とつぶやいたり、1週間前には料理の際に鍋を焦げつかせたり、確かに前兆はあったのに…。気付かなかった。
2〜3日思い悩んだ私の結論は、ビワなら治せるかもしれないというものでした。

私は20歳の頃から自然食のグループで活動をしたり、森下恵一先生の主宰する森下フードコンサルタントで学んだり、東城百合子先生の本を読むなど自然療法について多少は知識がありました。

棒モグサを使うビワの葉温灸セットも持っていましたが、まさかICUで温灸をするわけにもいかないので、医師の許可をもらってビワの種の粉末を食べさせることから始めました。
毎日、添付のスプーンにすりきり30杯をお粥に混ぜました。幸い母は胃腸が強く食欲を失わなかったので助かりました。

体調好転反応を信念で乗り切る

そうは言っても放射線治療を受けるたびに吐き気を催し、食べられなくなって「もう駄目か」と思わされることも何度かありました。
結局、12回の放射線治療を耐えて2ヶ月が経過し、何とか持ち直した矢先、髪の毛が抜け落ちた頭全体が赤みを帯び無数の湿疹ができたのです。
医師はびっくりしてビワの種を食べさせるのを止めるように言いましたが、私はそれでも食べさせるのを止めませんでした。
むしろ、私はこう思ったのです。『助かるかもしれない。おそらくこれは好転反応だろう』と…。(体調好転反応についてはこちらをご覧下さい)
かつて、自然食を徹底的にやった友人がいて、母と同様に身体のあちこちに湿疹ができたことがありました。
「これまでの生活で溜まった体内の毒素が出ているのだろう」とその友人と語り合いました。

やはりそれが当たっていたらしく、湿疹騒動から3ヶ月目の検査でCTの画像から完全に腫瘍の姿が消えてしまったのです。
医師たちは驚いて不思議がるばかりでしたが、あれから4年が過ぎようとしている現在も再発はしていません。
退院後に処方された薬は発作止めと下剤のみですが、再発防止のためにビワの種はずっと続けて食べさせています。
とかく5年生存率が云々されがちですが、術後1年、3年、5年、7年といった節目の年に再発した話も耳にしますし油断してはいけないと思っています。

周囲にも同様の改善例が…

残念ながら発見が遅れて右脳をコップ半分ほど摘出したせいで左半身が不自由ですが、なんとか自分で食事は摂れます。
もっと早く発見していればと悔やまれます。
それでも、人間の身体とはよくしたもので、腫瘍を取り除いて陥没していた部分を補うように水が溜まり、今では頭の形状はほとんど元に戻っています。

知人などに母の話をするうちにビワの種を利用する人が増え、腸のポリープが1年で消えてしまったとか、糖尿病が改善した、高血圧でドロドロだった血液がサラサラに変わった、病後の体力の回復に役立ったなど次々と改善の報告を受けるようになりました。
71歳になった母にはずっと長生きしてもらいたいと願っています。

お役に立てることもあるかと思いますので、どうぞご相談ください。

◎堀江正一さんの体験談は他にもあります。
◎連絡先
TEL:090−2604−3210 ファクス:024−573−3680

『ビワと健康』  2003年5月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 母の脳腫瘍、危機を脱出!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入