重い糖尿病に改善の兆候

福島県伊達郡 堀江正一 さん (60歳)

高校の同期会で10年ぶりにあった女性(60)が糖尿病を患って自分でインシュリンを打っていると聞きショックを受けました。

彼女は元々体が大きく、女性ながら貫禄すら漂わせて元気印を絵に描いたような人物だっただけに驚きました。

医者から「余命5年」と宣告されたものの8年生きているということなので、おそらく10年程度患っているのだと思われます。
そうは言っても一見した感じは普通で、やつれた様子もなければ体力が衰えている雰囲気も感じさせません。
ただ、同期会の1週間前に肺炎を起こして入院をしていたというのでやはり基礎的な免疫力は低下しているのだと思います。

私は糖尿病にかかった後、乳ガンを発症して早死にした人を身近で知っています。糖尿病は、とにかく色んな病気を引き込む恐ろしい病です。
正直、危機感を抱きました。そこは高校の同級生ですから気兼ねなくアドバイスすることが出来るので、ビワの種を飲むことを勧めました。
もちろん重症の糖尿病ですから1ヶ月や2ヶ月といった短い期間で改善するとは考えられません。そのことは念を押しました。
彼女は彼女なりに玄米食を試したり、野菜や海草を中心にした食事にするなど努力してきたとのことでしたが、玄米食は効かなかったと話していました。

私もずいぶん玄米食を続けるうちに味覚が敏感になり、添加物の入った食べ物は気持ちが悪くて受け付けなくなります。そして効果が現れるにも相当な期間を要し、本当に真面目な人でないと続けることは困難です。
その点、ビワの種は簡単です。人によっては苦手な人もいますが、それでも飲むだけです。それでいて効果は玄米食並みに大きいと私は自分の経験から実感しています。

但し、小さじ一杯や二杯では効果は期待できません。玄米食もそうですが、主要な内臓の改善を図るとなるとそうそう容易ではないと思います。
彼女は粉末タイプのビワの種を1日10グラムくらい飲み始めました。1ヶ月で徳用サイズ1袋(350グラム)を飲み切る量です。
無論、短期間での過剰な期待は禁物です。彼女は飲みにくいらしくオブラートに包んで毎日飲んでいるそうです。容易ではなくてもやる気は満々で、食事療法とともに前向きに取り組んでいます。

3ヶ月が経って変化が現れ始めました。ビワの種を飲み始めてから血糖値の数値が上がらなくなってきたというのです。
病院での検査はきっちり行っているので数値の変化はつぶさに分かるというのです。
炭水化物などを摂取するとたちまち数値が上がっていたのにご飯を食べた直後でもビワの種を飲むと安定しており、改善に希望が持てているのが実情です。

まだ始めたばかりで、これからどうなるかは分かりません。しかし、数値が上がらないというのは体が良くなる方向にあることを示しているのだと考えられます。
インシュリンを打たなくても大丈夫になる人は、必ずしも多いとは言えませんが、でもいます。
時間がかかっても彼女が健康を取り戻せるよう心から願っています。

◎堀江正一さんの体験談は他にもあります。
◎連絡先
TEL:090−2604−3210

『ビワと健康』  2011年6月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 重い糖尿病に改善の兆候
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入