子宮頸ガン克服し妊娠!

福島県伊達郡 堀江正一 さん

息子のお嫁さん(30)が昨年1月、子宮外妊娠し流産してしまいました。

上には6歳になる子がいますが、体質的なこともあるのか、これまでに二度流産していたため心配しました。
治療を受けた県立医大では、流産した子供の形跡を完全に取り除かないと次の妊娠が難しくなるとの見解で、抗ガン剤を用いて処置が行なわれました。

もちろん、そのためだけの目的ですから抗ガン剤の使用は一度きりでしたが、その後の経過を確認する定期検査で、何と子宮頸ガンが見つかったのでした。
流産の処置から3ヶ月ほど経っていました。

度重なる流産に心を痛めているうえにガンが判明し、しかも腫瘍の数値は10段階で「9」とかなり高いものでした。
親として何かしてやれるわけではないけれど、子宮外妊娠が判ったときからビワの種(粉末タイプ)を飲むことを勧めました。
義娘は以前にもビワの種を飲んではいましたが、今回はもっと徹底し毎日続けて飲むようにしてもらったのです。

添付の小さじで山盛り二〜三杯と量的には決して沢山ではなかったのですが、とにかく毎日続けたのです。
これが奏効したようです。ほかには何もしていないにも拘らず、定期検査のたびに腫瘍を示す数値はグングン小さくなり、ガンが見つかってから3ヶ月後には殆ど正常値の「1」になっていました。

ビワの良さは認識していましたが、これには私も驚きました。当の本人はもっと実感したようでしたが、さすがに病院側も不思議に思えたようで「何か飲んでいますか?」と尋ねたといいます。
妊娠には影響がないレベルの数値を保ちつつビワの種を飲んでいたところ、昨年12月ついに妊娠していることが判りました。

義娘は「ビワを飲んでたから子供ができたのかな」と話していましたが、私も改めてビワは本当に凄いと認識し直しました。
同級生の女性の糖尿病のときも劇的でしたが、今回も短期間で驚くばかりです。
今は妊娠から2ヶ月が経ち順調に安定期に入りつつあり、第二子の誕生を息子夫婦同様、私も心待ちにしています。

◎連絡先
TEL:090−2604−3210

◎堀江正一さんの体験談は他にもあります。 『ビワと健康』  2012年2月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 子宮頸ガン克服し妊娠!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入