肺ガン末期の痛みを緩和

神奈川県大和市 下田妙子 さん (47歳)


整体院を休んでしばらく経ちますが、インターネットを見た肺ガンの男性(52歳)が電話をかけてきました。
現在お休みしている旨を伝えたものの、「せめて痛みだけでもとれたら…」と懇願され、やむを得ず一度だけ整体とビワ温灸を行うことになりました。
この方はヘビースモーカーだったそうで、肺ガンは末期でした。

ビワ温灸を行うと左肺の裏がなかなか赤くならず、ガンが左肺から右肺に転移していることが分かりました。
帰り際、「すごく楽になりました。もう1回だけお願いできませんか」と言われ、1日おいて再度行うことになりました。
2回目に来られたとき、「これまで痛くて寝られなかったのに、よく眠れました。私はとてもおコメが好きで、久々に炊いて食べたんですよ」と嬉しそうに話されました。
2回目の温灸を終えると、入院までまだ間があるのでもう一度来たいと言われました。

3回目。温灸が終わった後、「こんなに痛みが収まるならモルヒネを打たなくてもいいくらいですよ。この1週間はほんとうに楽で、もっと早く来ていたら良かったです」と言われました。
確かに初めての時には氷のように冷たかった身体が、3回目には汗が出て、患部も早く赤くなりました。

その後、入院されたらしく連絡はありませんが、私自身改めてビワの鎮痛パワーを実感しました。
気力と根気さえあればたとえガンであっても打ち勝てるのではないかと思えてなりません。

◎モデラーテ
神奈川県大和市上草柳1−7−10−102
TEL:046−262−2011

◎「モデラーテ」に関する体験談 『ビワと健康』  2001年5月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 肺ガン末期の痛みを緩和
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入