おなかセラピーと併用

神奈川県大和市 モデラーテ 下田妙子 代表

生理痛

生理痛の改善は多く、先日もホームページ製作のために来られた女性(27)にビワ温灸を試してもらったところ、「生理痛がなくなりました。良さが分かったので頑張ります」と喜ばれました。

最近うちでは《おなかセラピー》を取り入れた施療を行なっています。
これはお腹のコリを取る療法で、おへそを中心にみぞおち辺りが心臓、頭、その横が肺といった具合に対比するツボをみていきます。
その人の弱っている部分にコリがみられ、ビワ温灸を行なうとその箇所は赤くなりにくいため容易に施療ポイントを掴めます。

以前は全身にビワ温灸と整体を施していましたが、おなかセラピーを始めてからは、例えば冷え症の方の場合、脚部にビワ温灸を行なわなくても腹部のみで体全体を温めることが出来て施療の時間を縮めたり、主要なポイントにより時間を費やせるといったメリットがあります。
おなかセラピーはお腹の皮を引っ張りながら腹式呼吸をしてもらいコリを見つけていきますが、ビワ温灸を当てる過程で前述の生理痛や便秘などの改善が得られています。

宿便、頭痛、肩こり

40代の女性は1回のビワ温灸で今までにない宿便が出て驚かれましたし、ビワ温灸の大ファンである私の母も真っ黒い便が出たと話していました。
また肩こり、頭痛のあった女性(40代)は市販の頭痛薬が手放せず、いつも鞄に薬を常備しておられました。肩甲骨にコリがあり、背骨の際に指が入らないほどでしたが3、4回のビワ温灸で軟らかくなり、薬も要らなくなりました。

パーキンソン病

パーキンソンの女性(70代)は娘さんがインターネットでうちを知り、施療を求められました。
当初、言葉は殆ど出せず、歩くこともおぼつかない状態でしたが週3回のペースで施療を重ね、1ヶ月後にはしっかりしゃべることができ、歩けるようになられました。

◎モデラーテ
神奈川県大和市上草柳1−7−10−102
TEL:046−262−2011

◎「モデラーテ」に関する体験談 『ビワと健康』  2010年7月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > おなかセラピーと併用
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入