脳梗塞の後遺症に奏効

神奈川県大和市 モデラーテ 下田妙子 代表

3年前に脳梗塞を発症した女性(58)は右の手足が動かない状態で施設に入っておられました。
昨年の8月、娘さんから「何とか歩けるようになりませんかね」と相談を受けました。
この娘さんは以前、うちに来られていたことがあり、ビワ温灸の良さもよくご存知だったのです。

ちょうど施設からご自宅に戻られたタイミングに合わせ、出張による施術を始めることになりました。
娘さんによると、倒れたときに運ばれた病院では初期治療とともにリハビリも受け、若干の改善はみられたそうです。
とはいえ、歩くことも、言葉を発することも無理な状態だったのです。
しかし、一般的な流れがそうなのか、担当医からは「病院を移って欲しい」と告げられたのでした。
その時点から私が施術を始めた昨年8月までの期間は、症状の進展は殆ど見られなかったといいます。

初めて訪問した日のことは良く覚えています。
娘さんが、「この人だ〜れ?」と声をかけても、じっと顔を見据えたまま何も返事はありませんでした。
施術についても無反応に近い状態で、マッサージで患部に圧を加えても何ら痛みは感じずダラ〜ンとしていました。
施設での生活は、日中は殆ど座っているためにむくみが酷く、何度か「体を横にさせてもらえませんか」と申し入れたそうですが、どんな事情なのか願いは叶えられず、悶々とした日々を送られたといいます。
むくみに加え、冷えもあったのでビワ温灸を施術のメーンにしました。
マッサージをしながら硬結部にイオン治療器で刺激を与え、冷えやむくみの対策としてビワ温灸をしっかり施しました。

2ヶ月ほどで症状が好転

施術開始から2ヶ月ほどで変化が現れてきました。
無反応だった右脚が、指で圧を加えると痛みを感じるようになりました。
また、車椅子からベッドに移る際も、当初は右脚を左手で支えていたものが、引き摺りながらもご自分の意思で移動させることが可能になってきたのです。
さらに、ビワ温灸が奏効し、むくみや冷えが取れたばかりか、脳に刺激が与えられ言葉も出てくるようになりました。
当初は、相手の話は理解できても返事がままならず、せいぜい「うん」とか「そうそう」と頷くのが精一杯でした。
徐々に改善が進み、今では「そうですね」と明確に話せたり、お孫さんの名前が呼べるようになられています。
自分の思いを言葉で伝えられるようになってきた母親の姿を見ながら娘さんも手を叩いて喜ばれました。
「痛かったら痛いと言ってね」
こんなありふれた会話が成立することで、お互いが笑顔になり、気分も高揚して好きな音楽をかけてみたりするのです。

施設での生活からご自宅に戻り、お孫さんたちに囲まれていることが精神的にプラスに働き、施術と相乗効果をもたらしている感じがします。
また、脳梗塞のマヒの改善に伴って頭髪にも変化が現れてきました。
施術開始時は白髪の方が多い状態でしたが、明らかに黒髪が増えてきて、娘さんも「染めてもいないのに凄いわよね。黒くなっている」とおっしゃっているのです。
ビワ温灸は、頭部を中心的に当てたわけではありません。頭部に近い首周りには当てました。
私の感覚では脳への刺激や血流が良くなったことの一つの作用だと思われます。
それというのも今回に限らず、ビワ温灸を続けるうちに髪が黒くなったという例は結構あるからです。

◎モデラーテ
神奈川県大和市上草柳1−7−10−102
TEL:046−262−2011

◎「モデラーテ」に関する体験談
『ビワと健康』  2015年1月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 脳梗塞の後遺症に奏効
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入