長年の花粉症がビワの種で改善

千葉県柏市 こころとからだ整体院 小堀健太郎 院長

毎年、春になると花粉症に悩まされてきましたが、今年はビワの種と出会って劇的に改善しましたので報告させていただきます。

私が初めて花粉症を自覚したのは15年ほど前です。
突然、かつて経験したことのない激しい目の痒み、くしゃみ、鼻水のトリプルパンチに見舞われました。
当時は、今ほど花粉症が騒がれておらず風邪でもないのに変だなあ、と思っていましたが、周りから「花粉症じゃないの?」と指摘されました。

それからが花粉症との闘いの始まりで、まだ治療薬も治療法もさほど浸透していませんでしたし、薬に頼ることにも抵抗を感じていましたから、辛い症状に耐えながら改善の方法を模索することになりました。
最初に試したのはシソエキスです。効いているのかいないのか、ほとんど改善は感じられませんでした。
次に、知人の紹介で菊の花をお茶として加工したものを飲んでみましたが、私には苦いばかりでこれも効果を実感するには至りませんでした。
その後、ハーブの錠剤や甜茶など色々試してみましたがどれも今ひとつ。
あまりに症状が激しい時はやむを得ず市販薬を用いたりしながら毎年毎年、試行錯誤を繰り返しました。
ようやくたどり着いたのがアロマテラピーとアーユルヴェーダでした。

ユーカリ油の吸引と自然塩を希釈したものを、目や鼻の洗浄に使います。
初めは1%くらいのごく薄い水溶液から始めて慣れてくると3%程度まで濃くしていきます。
洗浄後、ゴマ油やヒマシ油で点鼻・点眼を行うとさらに効果的です。

ただし、この方法も対症療法であることは否めません。
炎症を起こしている箇所に直接アプローチして当面の症状を緩和するにとどまっているからです。

ビワの種の効果に驚く

もっと体質改善につながる根治療法はないだろうか…。
この思いに応えてくれたのがビワの種でした。
花粉症の改善にビワの種が実績を上げていると聞き、さっそく試してみたところ驚異的と言える効果が得られたのです。

呑んで間もなく、もはや花粉症は完治したのではないかと思えるほど症状がピタリと収まりました。
無論、完治というと語弊がありますが、辛い人にとっては恐らくそれくらいの感じでしょう。
私の場合は、朝方、錠剤タイプのビワの種を10粒呑んでおくと確実に7〜8時間は花粉症の症状を忘れることができるのです。症状の重いときでも5粒増やせば大丈夫です。
ただ、夜になると症状が出てきますから、ビワの成分がもたらす血液浄化作用も、もっと長期継続しなければ本当の体質改善に至らないのだと思います。

それにつけてもこの即効性には目を見張るばかりです。
当然、花粉症になやむ来院者にもビワの種を勧めましたが、ことごとく効果がみられました。
私の場合、症状が激しく現れる時期が3月、4月とシーズンの上旬であることからスギ花粉がアレルゲンですが、ヒノキ花粉の方にも有効なようで4月半ばを過ぎても求める方は跡を絶ちませんでした。

ただし、ほんの数パーセントの方には改善がみられませんでした。
それでも鼻詰まりの症状がひどかった方のケースでは、『ビワと健康』70号にあったビワエキスを用いたマスク療法で改善が得られました。(詳しくはこちらをご覧ください)
ビワの種とビワエキス、そしてビワ温灸を併用すれば、もっと効果が上がるのではないかと思います。

◎こころとからだ整体院(ご紹介はこちらです)
千葉県柏市八幡町1−23
電話:0471−67−7318

●「こころとからだ整体院」のホームページはこちらです。

◎「こころとからだ整体院」に関する体験談
『ビワと健康』  2001年5月15日号)
●「ビワの葉療法」の総合情報サイトへ
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 長年の花粉症がビワの種で改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入