花粉症にはビワの種

千葉県柏市 こころとからだ整体院 小堀腱太郎 代表

花粉症にビワの種が有効というのは定着の域にありますが、二人の方に体験談を伺うことができたので報告致します。

花粉症歴27年という男性(59)は、ビワに出会うまでは服用薬に頼って過ごしてこられました。
ただ、薬を飲むと症状は抑えられるものの眠くなり、喉が渇くとのことで、なるべく服用を控え、昼間は湿らせたガーゼを挟んだマスクを着用し、夜だけ安眠を得るためにやむなく薬を服用する生活をずっと続けて来られたそうです。

春は、とにかく長くて憂鬱な季節だったと振り替えられるのですが、当院で錠剤タイプのビワの種にであってから一変しました。
ビワの種は飲むと直ぐに効果が現れ、その即効性に本当に驚いたそうです。
薬と違って副作用はないので、眠くならないし、喉が渇くということもなく、晴れて風の強い日も以前のような億劫さは感じずに安心して外出できると喜ばれています。

飲み始めて3、4年になりますが、毎年2〜5月くらいまで朝起きて5〜6粒、夜寝る前にも5〜6粒飲んでおけば大丈夫とのことです。
昨年はスギ花粉の飛散量が大変多く当たり年でしたが、ビワの種のお陰で難なくシーズンを乗り切れたので、今年もシーズンを迎え、話しを伺った2月半ばの時点でそろそろ飲み始めようと思っているとのことでした。

もう一人の方(男性・30代半ば)は、年数はわかりませんがやはり長年花粉症で悩んで来られ、ビワの種を飲むようになってからは楽にシーズンを乗り越えられるそうです。
この方の場合は、症状が強く出るときには1日10〜20粒くらいを飲むのですが、全く飲まずに済む日もあって、状況に応じて調整しているとのことです。
さすがに昨年は毎日飲んだそうです。

花粉症歴25年にも効果てきめん

この二人の方に限らずビワの種による花粉症の改善例は多く、かくいう私も花粉症歴25年、ビワの種で助けられた一人です。
花粉症に良いと言われるものを色々試した中で、最も効果が得られたのがビワの種で、てきめんの威力に感激し、花粉症の人に会うたびにお勧めしているというのが現状です。
当院では、春先になると花粉症対策キャンペーンを行っています。

施療としては整体、エッセンシャルオイルを用いたアロマテラピー、そしてビワ温灸の3点セットを行ない、そのフォローとして自宅でビワの種を飲んでもらうのです。
また、花粉症を含むアレルギー症状には食事が大切ですから、キネシオロジーで筋肉の反射テストを通じて症状を引き起こしている原因食物を探ります。

花粉症のシーズン中、大体2週間くらいの単位で食事改善のチェックをしつつ様子を見ます。
人それぞれ原因は異なりますが、殆どの人で引っかかってくるのが小麦粉、コーヒー、ビールです。これらを摂取しすぎるとよくありません。コーヒーやビールを毎日飲む週間のある人は、一時的に止めてみるだけでも変わってきます。
ストレスの影響も小さくはありません。
3点セットの施療と自宅でのケア。即ち、ビワの種を飲み、食事を改善し、ストレスの解消を図る。気づきを得て、これらに取り組むと花粉症は本当に改善されてきます。

◎こころとからだ整体院(ご紹介はこちらです)
千葉県柏市八幡町1−23
TEL:04−7167−7318

●「こころとからだ整体院」のホームページはこちらです。

◎「こころとからだ整体院」に関する体験談
『ビワと健康』  2006年3月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 花粉症にはビワの種
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入