こころとからだ整体院

千葉県柏市八幡町1−23 TEL:04−7167−7318


人が皆唯一無二の存在であるように病気もまた千差万別。画一的な施術では適応範囲が限られ、十分な治療には至らない。治療家たるもの常に研鑽を積み、個々の施術に全霊を傾け取り組むべし。

「医は仁術」の基本精神をまさに地で行く『こころとからだ整体院』の小堀健太郎代表は、熱き情熱とよく話を聞いてくれる優しさが人気の秘訣だ。

ビワ療法が施術の一翼を担う。
  • 治療家を志したきっかけは?
    中学、高校時代に原因不明の病気で入院したことや大学時代に精神世界に興味を持ちインドやネパールを旅したことなどが根底にあると思いますが、その後、会社勤めを続ける中で現代人がいかに身心を酷使し病んでいるかを実感し、人を癒すことのできる仕事をしたいと思い立ったのがきっかけです。
    開設して6年になります。

  • こちらの特長は?
    カイロプラクティックの名唱を謳っていますが代替療法や自然療法を幅広く取り入れているのが特徴です。
    当初、カイロが施術の柱でしたが、ストレスを起因する病状の方も多く、症状ごとにより有効な施術法を求めていくうちに幅が広がりました。
    但し、施術の基本としてオリジナルの整体術と、ビワ温灸もしくはエドガーケイシー療法やアーユルヴェーダ等のオイル療法を併用しています。

  • ビワ療法導入の経緯は?
    私自身の花粉症で大変有効だったことが導入の決め手となりました。
    ビワ温灸は、内臓疾患やガンなどの改善に威力を発揮し、事実上施術の一翼を担っています。
    メンタル面が原因で身体がガチガチになっている人の場合、ビワ温灸をタッチフォーヘルスのツボに当てると経絡が活性化され、癒しに繋がります。また、ビワ温灸の香りが良いと言われる方もいて、アロマ効果も得られています。

  • 具体的な改善例を教えてください。
    胃ガンで全摘手術、さらに腫瘍が全身に転移した男性(78)は、余命3ヶ月と宣告されながらビワ温灸によって苦しむ事なく1年半延命されました。1年が経過した辺りで末期ガン特有の激痛が出ましたが、これもビワエキスを混ぜたヒマシ油湿布で抑えられ、大学病院の医師も驚かれました。
    アトピー性皮膚炎の女性(25)はひどい冷え症で7月でも厚着しておられましたが、ビワ温灸を3ヶ月続けたことと食事療法などご本人の努力によってアトピー、冷え症双方とも改善しました。子宮筋腫、リウマチ、パーキンソン病にも有効です。花粉症にはビワの種がお勧めです。

  • 往診もされますか?
    柏市近辺、車で片道30分圏内でしたら訪問します。
    なかには近所で送迎している方もいます。

  • 最後に信条を一言。
    お客様の様々な症状に対応できるよう情熱をもって勉強し続けることです。この仕事は、これで十分ということはないので常に有効なものを取り入れ提供していきたいと思っています。
    また、当院のホームページでは現在私が学んでいる内容や生活上のアドバイス、健康関連の情報等を掲載しています。ぜひ参考にしてください。

●「こころとからだ整体院」のホームページはこちらです。

◎「こころとからだ整体院」に関する体験談)