愛犬の皮膚炎が短期改善

千葉県柏市 こころとからだ整体院 小堀健太郎 代表


わが家の愛犬(ゴールデンレトリバー、6歳)は、1〜2年に1回、皮膚炎を起こしてしまいます。

大体夏場が多く、痒い箇所を足で掻きむしったり、壁に押しつけたりしているうちにジュクジュクと炎症を起こすパターンで、今夏も背骨と腰の間、人間でいうと肩甲骨の下辺りを壁に押しつけたらしく、炎症を起こしてしまいました。

1週間ほど様子をみていて治りそうにないので動物病院に連れていこうかと思いましたが、試しにビワエキスを塗ってみました。

通常、動物病院に行くと患部周辺の毛を大きく刈り取られてしまいます。
部位によっては口で患部を噛まないようエリマキ状の器具を取り付けられることもあり、いずれにしても格好のよいものではありません。
初めてビワエキスを塗った際の反応は、アルコール分の刺激が心地好いらしく意外にも嬉しそうな表情でじっとしていました。

ビワエキスで痒みが抑えられたのでしょう。間もなく壁に体を擦り付けることをしなくなり、それに伴って患部のジュクジュク感がなくなり、1週間ほどでカサブタが形成され、抜けた毛も生えてきて、トータル1ヶ月余りで完全に元の状態に戻りました。

動物病院で治療を受けるとどうしても掻いたり擦りつけたりして完治まで2ヶ月くらいは掛かってしまいますから、とても早い改善であったと思います。

歯ぐきの腫瘍も退縮

また、良性か悪性かは判りませんが歯ぐきにイボ状の腫瘍ができ、次第に大きくなって気に掛かっていましたが、これもビワエキスで退縮しました。

痛みはないようでしたが、初め小指大程度だったものが2倍以上腫れていましたから、ティッシュにビワエキスを含ませて患部に塗ってやりました。
さすがにビワエキスの味は苦手だったようで嫌がりましたが、1〜2ヶ月で気にならない程度にまで腫瘍は小さくなりました。知人が飼う犬は、同じ症状で手術をしたそうですから、ビワエキスの力は大したものだと思います。

もっと小まめにビワエキスを塗ってやれば、完全に消えるかも知れません。

腹部に必ずビワ温灸

お客様におけるビワ療法の用い方として、私がもっともポイントに置いているのは腹部へのビワ温灸です。

当院を訪れる方々が抱える症状は、腰痛、肩こり、腹痛と様々ですが、どんな症状であっても冷えを取る方法として必ず行なうのが腹部へのビワ温灸です。
腹部にある反射のツボに加えて、冷えている部位を探しだし、その部位の冷えが取れるまで繰り返してビワ温灸を施すと、腹痛はもちろんのこと腰痛や肩こりだって短期間で改善が得られます。

1回の施療時間は、5〜10分くらい。2〜3日続けると痛みやこりが緩和され楽になっていきます。
これは腹部の冷え取りが全身に繋がって作用するわけで、例えば足の冷えの場合も、足自体より腹部への入念な温圧の方が迅速な効果が得られることが多いのです。

どんな症状でも、腹部の冷え取りは施療の主要ポイントです。
ぜひ、ご記憶ください。

◎こころとからだ整体院(ご紹介はこちらです)
千葉県柏市八幡町1−23
TEL:04−7167−7318

●「こころとからだ整体院」のホームページはこちらです。

◎「こころとからだ整体院」に関する体験談

『ビワと健康』  2005年12月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 愛犬の皮膚炎が短期改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入