末期ガンの疼痛を抑制

神奈川県鎌倉市 ホリス鍼灸治療院

50代後半より、舌ガン、下顎ガン、大腸ガン、皮膚ガンを次々と発症し、その都度手術を受けて寛解した80代の女性がいらっしゃいました。

79歳の時、大腿部内側のしこりをご自身で見つけ、大学病院で手術を受けました。
さらにその6年後、大腿部に再発が見つかり、腫瘍だけでなく、リンパ節、筋肉、静脈を切除するという大きな再手術を受けました。

大腿部の筋肉を大きく切り取りましたので、車いす生活になる前提で退院しました。在宅のケアマネージャーさんからの紹介で、トイレくらいは何とか自分で出来るよう、立ち座りの能力を回復出来ないか?という相談を受けました。
リンパ節・静脈の切除のため、著明なリンパ浮腫が見られましたが、リンパマッサージを行い、筋力低下には四頭筋訓練を行うことで、トイレだけでなく簡単な調理も自分でできるまでに回復しました。

その2年後、定期精査の際に再々発を指摘されました。ご本人は全く気がつかない大きさでしたが、大学病院の主治医からは、抗ガン剤・放射線治療は効きにくく、手術をするならば下肢の切断や骨盤の広範囲の切除になるといわれました。
年齢も考慮し、ご本人とご家族の意向で三度目の手術は受けないということになりました。
ご本人やご家族、ケアマネージャーさんと話し合いを重ね、痛みを取りながら、最後まで自宅で療養したいというご本人の希望に沿い、訪問による施術でサポートすることになりました。

体温は35度台前半でしたので、冷えの改善も行いました。ビワエキスをガーゼにしみこませ、その上から棒灸でビワエキスを浸透させる方法をとりました。同じ姿勢を長時間とれないので、短時間で広範囲に施術できる方法です。背部では、脊柱を中心に左右の兪穴、下肢では前後面を足裏まで、腹部では鎖骨下リンパ節より鼠径リンパ節まで身体の正中を中心に行いました。

しかし再々発のスピードは、年齢から見てもかなり速く、治療開始後6ヵ月後には手拳大になりました。在宅医からはターミナル期と告げられましたが、ビワエキスと温灸の効果でガンの痛みはかなり少なく、麻薬系の鎮痛剤も使いませんでした。
麻薬を使わないため意識がはっきりしており、吐き気が全く無く、少量でも好きな食べ物や飲み物(お酒も)口にすることができました。
それまで行っていたリンパマッサージや筋力訓練から、ガンの痛みを軽減して、生活の質を保つために、ビワ葉エキスと棒灸を用いた治療に切り替えました。

永眠される前日まで、ご家族と会話を交わすこともできました。息子さんによれば、お互いに最後の会話であることをよく理解して、納得のいくお別れの言葉を交わせたことが良かったとのことでした。
ビワの疼痛抑制効果を目の当たりにした一例でした。

◎ホリス鍼灸治療院(ご紹介はこちらです)
神奈川県鎌倉市台3−7−8 テラス湘南B
TEL:080−2032−0853

◎ホリス鍼灸治療院に関する体験談
『ビワと健康』  2019年8月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
(© ビワの葉温熱療法普及会
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 末期ガンの疼痛を抑制
※ 当会ではビワ商品の販売はしておりません。ご購入を希望の方は下のバナーから検索して下さい。