抗ガン剤の副作用を抑え、肺ガンも改善

神奈川県鎌倉市 ホリス鍼灸治療院

3年くらい前の秋のことです。肺ガンステージ犬反巴任気譴殖舛気鵝複牽安紊僚性)をケアマネさんから紹介されました。
春先に微熱と咳が出始めて、近所の開業医で風邪薬をもらったのですが、1ヶ月近く服用しても一向によくならず、咳はひどくなるばかりでした。

元来病気知らずの方でしたので、さずがに心配になって少し大きな病院で精密検査を受けました。
診断した医師は「肺ガンの疑い」とAさんに告げ、地域の基幹病院を紹介しました。
基幹病院では入院してさらに詳しい検査が行われ、診断結果は「ステージ犬稜戰ンで、肝臓、肩、股関節、反対側の肺、脳にも転移がある」というもの。治療方法は、手術や放射線治療でなく、抗ガン剤を内服するということでした。

使用する薬の種類が決まるまで、自宅待機となりました。Aさん本人や本人の家族は、入院して点滴や注射による治療を想像していました。そのため留守番をするご主人のお世話が必要だと判断し、急いで介護保険の申請をしたそうです。
その間にも咳の症状はひどくなる一方で、介護認定の調査の時にもひどい咳き込み込みがあり、調査員の方の質問に答えることも困難なほどだったそうです。
抗ガン剤での治療は内服薬によるもので、入院の必要はなく、2週に一度の定期受診で経過を見ながら進められることになりました。

抗ガン剤の副作用に苦しむ

抗ガン剤は、ご本人のガン遺伝子のタイプに合わせて選択されたもので、比較的副作用は少ないという説明がありました。
しかし実際に服用し始めると、なかなか手ごわい副作用に見舞われ、日中でも伏していなければならないような状態でした。
一日中続く吐き気、下痢、食欲不振、皮膚トラブル(手足の爪が割れる、指先の皮がむけて血が出る、かかとがひび割れる、頭髪が抜ける、頭の皮膚にも湿疹が出る、顔の皮膚があれて皮がむけ、顔色がどす黒くなる)、目まい、ひどい咳き込みもあり、体重は約3ヵ月の間に10キロ超も落ちてしまいました。

訪問の度に痩せていくAさんを見たケアマネさんが、せっかくガンの治療をしているのに、このままでは薬の副作用で死んでしまうのではないかと心配になり、鍼灸の治療を受けてみてはどうかと提案しました。
Aさんは鍼灸は未経験でしたが、あまりにも苦しい毎日だったため試してみる気になったそうです。
担当のケアマネさんは、ガン末期の方の疼痛除去や薬の副作用の軽減等のために鍼灸治療も選択肢に入れてみては・・・と考える方で、私がガンや難病の方に対して積極的に取り組んでいることをご存じでした。それで、ケアマネさんを通じて私の治療院に紹介がありました。

副作用がきついこと、付き添いなしでの移動ができないことから、訪問による施術を行うことになりました。
初対面のAさんは何とか歩くことはできるものの、フラフラして今にも転倒しそうな気配です。衰弱は明らかで、このままでは脱水の恐れがありました。
水分も食事もろくに摂れてない上に、吐き気と下痢が続いています。
これではケアマネさんが、死んでしまうと心配するのも無理はありませんでした。

もぐさ灸とビワエキスが効果を発揮

取り急ぎ当初の治療目標を、吐き気、下痢、目まいなどの軽減としました。
Aさんの苦痛の除去はもちろんですが、訪問するケアマネさんやヘルパーさんにも少しは安心してもらわなければなりません。
幸いにも吐き気と目まいは、初期の治療で消失(!)しました。しかしひどい咳き込みがあるため、しばらくの間は、煙の少ないもぐさを60〜100壮使用しました。このもぐさの使用量かなり多いと思います。
ビワ温灸器ではなくもぐさを使用した理由は、短期間で身体に熱を入れたかったからです。Aさんご自身が強い冷えを自覚していましたし、私から見ても冷えはかなり深刻でした(体温は35度前半)。
治療部位は腹部、背部や脊柱にある経穴を利用し、さらに両下肢へも行い、とにかく体に熱を入れることを目的としました。
ビワ温灸器を用いて短期間に熱を入れる場合は、一日に数回、可能な限り何度でも、患者さん自身の症状が軽減されるまで行う必要があると思います。
患者さん自身でも行うことは可能ですが、一人では手が届きにくい施術困難な場所もあります。ご家族に協力してもらうか、治療院などで定期的に補うことも必要かもしれません。

咳の症状が落ち着いてからは、ご本人と相談し、ビワエキスを使用しての治療に切り替えました。
ビワエキスを使用しての私の治療というには、まず、ガーゼにビワエキスを染み込ませ、そのガーゼを肌に密着させ、その上から筒に入れた棒灸で温めるというものです。身体の広範囲に多くのエキスを比較的短時間で浸透させることができます。棒灸は煙と臭いがたくさん出ますが、不思議と施術中の咳き込みはほとんどありません。ビワ温灸器で行う場合は、やはり一日に何度も繰り返し温めると良いでしょう。
治療部位は、やはり腹部と背部を中心として(ビワの葉温灸の基本のツボを網羅する)、両鎖骨から気管支へも追加しています。

この頃あまりにも皮膚への副作用がひどく(指先が割れて血が滲み、茶碗を持つのも苦痛)、Aさんは主治医に抗ガン剤をもう少し弱いものに変更してもらいました。
今でもたまに皮膚にトラブルが出たり軽い咳等の副作用はありますが、吐き気やめまいの副作用は1回も出ていません。食事や間食を楽しむ余裕もあります。食事量もかなり増えて、発病以前とさほど変わらないくらい食べることもあります。この頃の体温は、36.5度周辺で安定しました。

ガンの病巣が消滅した

治療を始めて2年ほど経った頃でしょうか。
精密検査ではガンの転移巣はすべて消え、原発巣の肺もきれいになっているとのことでした。しかし抗ガン剤をやめると再燃するとの主治医の判断があり、Aさんはこれまで通り内服を継続することに決めました。
今でも体重は元通りではありません。消化器の副作用を抱えて抗ガン剤の治療を継続することは、体力を大きく消耗するので危険と隣り合わせです。しかしAさんは吐き気やめまいが無くなり、便通は下痢ではなく軟便程度で済み、時々軽い皮膚トラブルが出ますが、ひどくならずにおさまっています。

1年くらい前より、ご自宅で畳二枚くらいの範囲で出来るリハビリを行って体力作りもし始めました。
今年は猛暑でしたが夏バテをせずに過ごし、短い時間ですが趣味の庭いじりもできるくらいに体力が回復してきました。
先が見えない状況で抗ガン剤治療を始め、10キロも体重が減り、トイレに行くことがやっとだった頃を考えると大きく前進できました。

私がAさんに使用している治療穴をいろいろと調べてみました。
調べた中に世界鍼灸学会(WFAS)という組織が出している文献がありました。世界鍼灸学会は、世界保健機構(WHO)の中にあります。
その文献によれば、鍼灸治療で新型コロナウイルスへの治療・予防・後遺症へのアプローチをしているというものでした。文献には治療穴が詳しく出ており、私の使用している治療穴と重なっていることがわかりました。
Aさんは闘病中に新型コロナウイルスに感染することを心配しておられますので、「今使用している治療穴は新型コロナウイルスの予防や治療に使われていますよ」と話したところ、たいへん喜んでおられました。主治医からは、抗ガン剤は止められないと言われているので、副作用軽減のため、また、新型コロナウイルスにかかりたくないのでビワ温灸をずっと続けたいと話されています。

◎ホリス鍼灸治療院(ご紹介はこちらです)
神奈川県鎌倉市台3−7−8 テラス湘南B
TEL:080−2032−0853

◎ホリス鍼灸治療院に関する体験談
『ビワと健康』  2020年12月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
(© ビワの葉温熱療法普及会
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 抗ガン剤の副作用を抑え、肺ガンも改善
※ 当会ではビワ商品の販売はしておりません。ご購入を希望の方は下のバナーから検索して下さい。