寄稿・セルフメンテナンスで免疫力の向上を

神奈川県鎌倉市 ホリス鍼灸治療院

7月から8月にかけ、これまでにないほど多くの感染者を出した新型コロナウイルス感染症の第五波ですが、9月に入って次第に収まりました。ワクチン接種もかなり進み、緊急事態宣言も解除されました。
しかし、今後懸念される第六波や新たな変異株など、まだまだ油断することはできません。イスラエルなどワクチン接種で先行している国でも感染者が増加し、ワクチンの3回目の接種も検討されています。
そのような状況下、ホリス鍼灸治療院の茶鍋浩院長が、お灸でできるセルフメンテナンスについて紹介して下さいました。


新型コロナウイルス感染症について、私の治療院にも感染に関する不安が多く寄せられています。
「ワクチンを打っても感染するのでしょうか?」「そもそもワクチン接種が不安」「癌や難病でワクチンを打たないほうがよいといわれた」「糖尿病・肺・肝臓・腎臓等に基礎疾患があるのでコロナにかかったら重症化しそうだし、後遺症もつらそうだ」「医療機関・介護施設の勤務なので感染のリスクが高い」「ワクチンを打っても抗体値に個人差があるみたいだ」「ワクチン接種したが変異株が怖い」「ガンや難病に罹っているので免疫力を上げたい」などなどさまざまな内容です。

本当ならば治療院に来て、感染症と戦える力をつけていただきたいのです。しかし今は感染のリスクがあるので、気楽に「おいでください」とは言えません。患者さんにセルフメンテナンスの説明をして、免疫力を向上できるように助言しています。
簡単なのはお灸によるメンテナンスです。以下に、その内容をお伝えします。皆さんがよくご存じの定番のツボですので、その気になれば手軽に実践できると思います。

私の治療院で行っているセルフメンテナンスの内容は以下のとおりです。
‖三里 内関 9臙 さこぁ´ゴ惴機´三陰交
以上の6ヶ所です。各ツボ左右それぞれ10分程度ですが、いずれも免疫力を上げるにはとてもよいツボだと思います。
中国では棒灸を使用しているようですが、煙の出ないビワ温灸器でも充分です。じっくりと熱を入れて下さい。
また、新型コロナウイルス感染症は完治したが、後遺症がつらくて、発症以前の生活に戻れないという相談もありました。つらい後遺症の軽減にもお灸は効果があると思います。

足三里の灸は、俳人松尾芭蕉でも有名です。芭蕉が旅の途中で足三里に灸をすえながら、目的地に思いをはせたとあります。当時は徒歩の旅ですから、肉体疲労は私たちの想像を超えるものでしょう。
長旅の途中に流行病もあり、命を落とす不安もあったでしょう。足をくじいたり、筋肉疲労などで歩けないこともあったでしょう。そんな芭蕉の免疫力を上げ、痛みとコリをやわらげ、また明日から歩き出す気力を支えたのが足三里へのお灸なのだと思います(他のツボにも施術したかもしれませんが・・)

少し脱線しますが、第二次世界大戦前後の日本で結核が大流行したことはご存知と思います。この時代にお灸で結核が寛解状態になった方がおられます。現在99歳の女性です。
当時、結核菌が頚部のリンパ節に侵入し、3〜5センチぐらいの玉状の腫れ物が首を取り巻くように次々とできて化膿し(*「るいれき」と言ったそうです)、皮膚を破ることもあったようです。
手術で切除すること20回以上。最後は手術不可能な場所にできてしまい、困った外科医が最終手段としてお灸を選択したそうです。
定期的にお灸をすることで「るいれき」は悪化せず、徐々に姿を消して寛解に至りました。
その後、結核は再燃せず、抗結核薬を飲むこともなく現在に至ります。ちなみにこの方は、自宅のビワの木から葉をむしり、お茶にして何十年も飲んでいます。

時代は変わって現在のことですが、結核やHIV/エイズの感染が多いアフリカで、日本女性とイギリス人らが「手足三里」「三陰交」「合谷」等へのお灸を指導する活動をしています。
感染しても治療薬を購入できない人たちの治療として、またそれ以外の人には感染予防対策として、お灸によるセルフケアに取り組み、成果を上げているようです(MOXAFRICA)。ぜひ活動についてお調べ下さい。

またAFP通信社が、2020年3月15日に中国における新型コロナウイルスによる治療を取材しています。そこには、防護服を着た医療従事者たちが「棒灸による施術」「回復期のリハビリ」「薬浴」「箱灸」などを行っている写真が掲載されています。
中国では西洋薬と漢方薬の組み合わせを多数発表していますし、日本でも漢方薬を併用して治療を行っている大学病院もあります。感染症の予防としてはもちろんのこと、急性期への治療やケアとして、鍼やお灸、漢方薬のような伝統的アプローチを見直すことも必要だと痛感する情報です。

私は自分自身の体に一日おきにお灸をしています。他にも三密を避けることはもちろんのこと、規則正しい生活、保清(手洗い・マスク・うがい等)、免疫力を上げる食事、質の良い睡眠、リラックス方法、軽い運動法などを可能な限り心がけています。
また、漢方薬による癌・難病の治療で好成績を上げている知り合いの医師は、上記以外にオゾン殺菌器の使用、光触媒スプレー(殺菌効果)の使用をすすめており、これらは私の治療院でも使用しています。
最後になりますが、「自分の体を自分で守る」ことで感染拡大防止策の一つを実践できます。その方法として手軽にできるビワ温灸器でのお灸をぜひおすすめします。
一日も早く感染症が収まることを願ってやみません。

参考にしたのは、WFAS(WHO)という機関の、中国鍼灸学会のホームページです。
医師の指示のもと以下のツボへの施術が行われています。

医学的観察記(疑似病気)=感染疑いの段階
 1. 風門・肺兪・膈兪
 2. 合谷・曲池・尺沢・魚際
 3. 気海・足三里・三陰交

臨床治療期(確定病期)=診断が確定した段階
 1. 合谷・太衝・天突・尺沢・孔最・足三里・三陰交
 2. 大抒・風門・肺兪・心兪・膈兪
 3. 中府・膻中・気海・関元・中脘

回復期
 1. 内関・足三里・中脘・天枢・気海

*上記機銑靴砲弔い討蓮△気蕕望評別に施術しているようです。
*参考

◎ホリス鍼灸治療院(ご紹介はこちらです)
神奈川県鎌倉市台3−7−8 テラス湘南B
TEL:080−2032−0853

◎ホリス鍼灸治療院に関する体験談
『ビワと健康』  2021年10月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
(© ビワの葉温熱療法普及会
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 識者に聞く > 寄稿・セルフメンテナンスで免疫力の向上を
※ 当会ではビワ商品の販売はしておりません。ご購入を希望の方は下のバナーから検索して下さい。