潰瘍性大腸炎が改善した

東京都中野区 天百庵(てんもあん) 大賀隆行 代表

昨年の夏、お腹の調子が悪くなりました。

チクチクと頻繁に痛みがあり、便意を催しても少量しか出ず、それでいて便自体は軟便気味・・・。そんな状態で過ごしているうちに出血がありました。

出血は1週間ほど続き、さすがに心配になり病院を受診しました。

大腸内視鏡検査により潰瘍が7ヵ所認められ、潰瘍性大腸炎と診断されました。それが8月のことです。
潰瘍を抑える薬が処方されましたが、医師に「薬は一生飲まなきゃ」と言われ疑問をもちました。

そんなに薬を飲み続けて大丈夫なのだろうか?
しかも、2ヵ月で約1万円と金額も決して安くはないのです。
この病気は指定難病と診断されれば医療費の助成対象となるようですが、「潰瘍性大腸炎は1日10回以上トイレに行くほどじゃないと対象にはならないよ」と言われました。

私の場合、そこまで重くはなく、潰瘍性というより便が出そうで出ない不快な状態が続く過敏性大腸炎に近い症状でした。
症状が重ければ諦めがつくかもしれないけれど・・・。中途半端な状態にやるせなさを感じつつも『今なら何とか治せるのではないか』と思い直し、この病気について色々調べ始めました。
専門の医師がどこにいるとか、治療法はどうであるとか、民間療法には何があるとか、片っ端から情報を集めたのです。

ただ、私の体は抗生物質などは苦手で、服用するとぐったりしてしまいます。
対して漢方薬は割と合います。風邪の時など漢方薬を使ってきたこともあり似た系統の治療法を優先的に探り、最終的にたどり着いたのがビワ療法でした。
普及会の一日講習を受け、早速、遠赤外線のビワ温灸とビワの種(粉末)の服用を始めました。

また、生の葉っぱを用いて東城百合子さんの本に掲載されているコンニャク湿布も試したりしました。
薬を一旦止め、ビワ温灸とビワの種を毎日続けてみたのですが、1週間ほどで出血があり薬の服用を余儀なくされました。
暫くは薬に頼り、出血が収まってきたところで再びビワ温灸と種だけにしてみました。
前回よりは長続きしたものの、やはり出血が始まりました。やむなく再度薬を服用するといった具合でしたが、めげずに何度もトライしました。

ビワ温灸で元気出る

なぜなら出血の有無に関わらずビワ温灸を当てていると元気が出てきて、とても良かったからです。
3回目のトライが最後だったと。12月、最初のトライから2ヵ月半が経過していました。それ以降は薬が不要となり今年1月、ほぼ正常に戻ったことを感じました。

ビワの種の粉末は、ビワ茶に混ぜて摂取しました。
500mlのマグボトルに温かいビワ茶を入れ、そこにビワの種の粉末を小さなスプーンで2〜3杯加え、それを1日分として持ち歩きシェイクしながら飲むようにしました。
ビワの種では便秘の改善例が多く、人によっては摂取量が多いとお腹が緩くなることもあるそうですが、私は元々便秘症でお通じが5日間くらいないのが当たり前だったため、排便が程良い状態に戻って楽になり、却って好都合だったように思います。

なお、ビワ温灸で元気が出るというのは、臓器でいえば大腸、部位でいうと仙骨と下腹部、ツボだと「次髎」「関元」「水分」の辺りに施すことで体が活性化してくるのです。
きっと気力が集まるとされる下丹田に前後から温熱刺激を施す形になったからだろうと思います。
最近寒くなり、体調を崩す人が増えてきました。症状はそれぞれ異なりますが、皆さんにこの部位の重要性をお伝えしています。
女性には当てにくい部位ですが、それでも施術を希望される方は多く、皆さん効果を実感されているようです。

先日も風邪をこじらせている方に施したところ、元気が湧いてきたと喜んでおられました。
私が潰瘍性大腸炎になった原因について考えてみると認知症の母の世話が大変だったことが影響していたと思います。
昨年8月まで自宅で介護していましたが、私も家内も結構しんどくてストレスを抱えていました。
施設に入れることを決めたのが昨年12月で、今年5月に入居しました。
方向性が定まり精神的に楽になれたことと私の病気の改善時期が重なっているように感じます。

私は昨年8月まで福祉の仕事で相談窓口にいました。退職し、本格的に勉強して今年5月に整体サロンを開設したのですが、実はもっと以前から整体師になることを決めていました。
食道ガンのポリープが見つかり昨年2月にスコープで取り除いたのをきっかけに健康について真剣に考え始めたのです。
そんな最中に潰瘍性大腸炎を患い、我が身をもってビワ療法の素晴らしさを体感することとなりました。
今年に入ってからは微妙な出血により一度だけ座薬を使った程度で、ほぼ問題なく過ごせています。
現在はビワ温灸で自らの大量を整えつつお客様にも施術させて頂いています。

◎天百庵(てんもあん)(ご紹介はこちらです。)
東京都中野区東中野4−6−5 山手ビル503
TEL:080−5400−1010

『ビワと健康』  2018年12月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
(© ビワの葉温熱療法普及会
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 潰瘍性大腸炎が改善した
※ 当会ではビワ商品の販売はしておりません。ご購入を希望の方は下のバナーから検索して下さい。