ヒーリング整体・天百庵(てんもあん)

東京都中野区東中野4−5−6 山手ビル503 TEL:080−5400−1010


自身の病をきっかけに薬漬けの医療に疑問を抱き、代替療法と出会って改善を得た大賀隆行代表。

精神保健福祉士として精神障害の人たちをフォローしたり、高齢者の相談を受けたりする中で不本意であっても薬や治療を容認せざるを得ない立場にストレスを感じ、一念発起して治療家に転身した。

ヒーリング整体を主軸にビワ療法や各種施術を併用し、実績を上げている。

  • 治療家を志したきっかけは?
    以前は福祉の仕事をしていました。
    障害と高齢者福祉の窓口業務で相談が中心でした。
    母が認知症を患い、その介護で妻も私もヘトヘトになってしまい、私自身、逆流性食道炎と大腸炎を患って医師から『一生薬を飲み続ける他ない』と告げられました。
    それがきっかけで薬に依存しない治療法を探すうちに代替療法の存在を知り、色々試すことで病を克服することが出来ました。
    やがて薬や西洋医学に疑問を持ち始め、『自分の人生、もう少し人のためになる仕事はないものか』と模索する中で整体という道が見つかりました。

  • 施術の内容は?
    ヒーリング整体がメーンです。レイキや操体法などの各種技術もありますが、基本的に気の力を用います。左手で気を送りながら右手はビワ温灸器を2個持ちするスタイルが定着しています。
    気の波動とビワ温灸の波動は相性が良く、とても効果的です。例えば後背部の大腸愈、腎愈、肝兪など背骨を挟んだ両側に右手でビワ温灸器を当てつつ左手は肺の辺り、督脈に沿ってさすったりするとじんわり温かくなり、楽になったり、ビリビリ感じたりします。
    一般的な整体と違って押すことはありません。皮膚を引っ張る整膚とビワ温灸の併用も有効です。
    大半の人が短時間での変化、改善を求めるので言霊の力やひまし油湿布も行っています。

  • 言霊やひまし油湿布とは?
    言霊で気を入れると固まっていた股関節が柔らかくなり、膝がその場で45度とか90度倒れたり、背中の痛みが取れたり、上がらなかった腕が肩まで上がったりします。ひまし油湿布はいわゆる温熱療法で布に染み込ませた上から温パックをします。肝臓や大腸の入り口付近、患部に当てます。喘息だと胸椎の6、7番辺りを狙うと即座に咳が収まります。代謝を高めるので痩身効果もあり人気です。

  • どんな症状の方が多いですか?
    最近はパニック障害の方が非常に多いですね。
    次に喘息とうつ。腰痛の方も結構来られます。
    年齢層は40〜50代が中心で、女性の冷え性も少なくありません。
    うつや慢性の頭痛、メニエールといった症状の方は、大抵冷えを抱えておられます。

  • 訪問もされますか?
    しています。例えばパニック障害の方は電車に乗れないとか人に会うのが怖いとかありますし。お気軽にご相談ください。

  • 信条を一言。
    私はヒーリングと整体、施術の療法を行います。整体、施術は料金を頂きますが、ヒーリングの技は高いレベルの層から頂いた気の力を自分は道具として煙突やホースのように届けるだけなので無償で行っています。
    ヒーリングに関して自分の力だと思わないことが信条です。整体、施術に関しては新しい内容をどんどん取り入れ、自分も成長しながら取り組んでいます。
    痛くない、早く効く、長持ち。この三つを突き詰めていくこと。それが私の信条です。

◎「ヒーリング整体・天百庵(てんもあん)」に関する体験談
『ビワと健康』  2019年3月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
(© ビワの葉温熱療法普及会
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 治療院を訪ねて > ヒーリング整体・天百庵(てんもあん)
※ 当会ではビワ商品の販売はしておりません。ご購入を希望の方は下のバナーから検索して下さい。