リウマチの痛みを緩和

山梨県北杜市 亜空庵治療院 竹本公一 院長

リウマチにはビワ温灸が効果的です。

2年間、訪問治療している女性(70)は、リウマチで両手両足が動かず、歩くことも立ち上がることもできません。

肩と指が多少動くので、辛うじてスプーンを使って食事はできますが、肘、膝、足首、足の指がロックしているのでいつもあぐらをかいた姿で座っています。

実は、この女性には抗ガン剤が処方されています。抗ガン剤はガン以外でも使用されているのです。
初めて訪ねたころは自殺しようにも手足が動かないのでできず、気が狂ったようになって家の人も近寄れないことがしばしばあるという状態でした。
ビワ温灸は肩を中心に痛みの少ない箇所に行ないます。
リウマチは膠原病と同じく自己免疫疾患といわれ、この場合は脾経のツボを用います。

肩と大腿の関節は多少動くのでそこにも当てます。ただ、初めのうちは柔らかくなる感覚がありましたが、身体が治療に慣れてしまうのか大きな改善は見られません。
但し、気持ち良さは格別です。本人の希望で週2回訪問し、針で本治法をしてからビワ温灸、さらに手技で可動域を少し痛く感じるところまで動かします。
手や首にはビワエキスを塗りラップで包んでホットパックを当て、治療の間ずっと温めるようにしています。

また、痛いときには家族が温湿布をするよう指導し、足は生姜湿布をしてもらっています。
治療を始めて半年くらいで表情がもの凄く変わってきました。
以前は「食べない!」と言ったら本当に食べないわけで、それだけにご主人が非常に喜んでおられます。

西洋医学ではリウマチ、膠原病、アトピー性皮膚炎等は免疫亢進の病気と捉えられており、アトピーの人に臓器移植のときに用いる免疫抑制剤を使う医師もいます。
このリウマチの女性も免疫抑制剤が使われ、その後、抗ガン剤が流用されていたのです。

東洋医学では、脾臓の病気はリンパ球が減っていると考え、免疫を強めるため温める方法をとります。
免疫学の安保徹先生もそう主張されておられます。

西洋医学と東洋医学を統合し、補完するといっても根本的なところが違っていては難しい話です。

婦人科系疾患に有効

婦人科系の疾患でもビワ温灸は有効です。

子宮筋腫の女性(48)は、生理のたびに多量出血していました。
年齢的にはそろそろ閉経なので放置しても構わないのですが、出血が激しいため手術を勧められたのです。

本人が手術を断ったので出血を抑えるために”女性ホルモンを抑制するホルモン剤”を投与することになったわけですが、それだと女性ホルモンが抑えられて本当の閉経になりません。
ホルモン注射で仮りの閉経状態となり筋腫は少し小さくなりました。その代わり身体は更年期障害の症状でのぼせなどが起こり、具合が悪くなって止めてしまいました。

投与を止めれば再び多量出血です。結局、手術しか方法はないという手詰まりの状況に陥ったのです。
ビワ温灸は、「三陰交」「陰陵泉」「血海」のツボに加え、骨盤周辺に当てました。
最初はお腹の上から触ってもわかる握りこぶし大のサイズでしたが、身体が楽になるとともに筋腫も徐々に小さくなり、出血も収まりました。 手術をせず、ホルモン注射もせず、極めて自然な形で克服できたのです。

通常の生理痛も「三陰交」「陰陵泉」「血海」と子宮の周り、下腹部のツボが有効です。
仙骨のうえ辺りをよく温めると生理痛の痛みは消えます。
婦人科系の疾患にはビワ温灸をお勧めします。

◎亜空庵治療院
山梨県北杜市高根町東井手1571−4
TEL:0551−47−4903

◎「亜空庵治療院」に関する体験談
『ビワと健康』  2007年8月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > リウマチの痛みを緩和
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入