五十肩が短期間で改善

鹿児島県阿久根市 びわきゅう遠矢 遠矢恵一 代表

60代後半の男性が看板を見て来られました。症状はいわゆる五十肩で、半年前から右肩が肩より上に上がらず辛い日々を過ごしているとのことでした。
鍼治療にも通われたそうですが思わしくなかったそうです。

肩の周辺に加えて首筋にも張りが強く出ていたため、肩は前後から打ち抜き灸を施し、併せて首周りや肩甲骨、腕にもビワ温灸を行ないました。(※五十肩のツボはこちらをご覧下さい)

また、施療の仕上げとしてビワ温灸のあとに軽くストレッチを行ないました。
ご本人曰く、「凝りがほぐれ、張っていた箇所が柔らかくなった」との感想で、初回から改善の感触を掴まれた様子でした。

確かに肩の可動域が広がっており、2、3日に1回定期的に通われるようになってからは回を重ねるごとに腕を回した際に感じる”引っかかり感”がなくなり、約1ヶ月で自由に腕を上げられるようになりました。

痛みもきれいに消えていましたが、再発防止のため半年間通われました。
この方のようにビワ温灸のあと仕上げとして行なうストレッチは大変有効です。とりわけ肩や腰などに痛みが出ている場合は、私は足を使って”踏み込み”という施療を行なっています。

例えば、座骨神経痛の方などはあちこちで治療を受けてどうしても完治せずにうちに来られるケースが多いのですが、仕上げに僅か5分の踏み込みを行うと改善が速いうえ治癒の程度もよく掴めます。
初めは痛く感じる踏み込みが何とも感じなくなってきたら改善している印です。

座骨神経痛などは、初めの1週間は集中的に通って頂きます。毎回、ビワ温灸が終わると痛みの出ている側の脚に踏み込みを行ないます。
1週間が過ぎると、その後は週1回の施療にして大抵1ヶ月ほどで終えます。
ただ、痛みが長く続いていたとか激しかった方は、仕事等で無理をすると再発することもありますので、半年くらいは通って頂くのが良いようです。

びわきゅう遠矢(ホームページはこちら、ご紹介はこちらです。)
鹿児島県阿久根市山下836
電話:0996−73−2148


『ビワと健康』  2005年3月15日号)
◎「びわきゅう遠矢」の体験談は他にもあります。
●「ビワの葉療法」の総合情報サイトへ
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 五十肩が短期間で改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入