膝痛が加速度的に改善

鹿児島県阿久根市 びわきゅう遠矢 遠矢恵一 代表

ビワ温灸によって膝痛が軽減した女性(73歳)の改善例を報告します。
この女性が初めて来られた時は、膝痛に加えて太股の裏やふくらはぎにコリ感、突っ張り感があり正座できない状態でした。
痛みが出始めてから1ヶ月ほど経過しており、その間、病院やカイロプラクティックにかかったそうです。
しかし、改善は得られず、以前うちに通われたご主人の勧めで来られたとのことでした。

膝の痛みは表側ではなく、むしろ膝小僧の内側に強く出ていました。また、膝の裏面のコリ感、突っ張り感はふくらはぎを中心に出ていました。

病院で肥満を指摘され、痩身を目的とした運動を行うよう勧められたそうで1日30分の散歩を続けておられましたが、この女性は長年教育に携わる仕事をしてきた方で、農家の人と違って足腰が強いタイプではなく、痩身を目的とする歩行がかえって症状を悪化させている印象を受けたためしばらく散歩を控えて頂くことにしました。

ビワ温灸は、膝から太股の裏側、膝裏、ふくらはぎから足裏にかけて施しました。
1回の温灸は40分。初めのうちは1日おきに来てもらいましたが、なかなか痛みは収まらず、突っ張り感も温灸の直後は取れても翌日には再発する状況が続きました。

変化が現れだしたのは3回目の温灸が終わったころからです。
膝の内側の痛みが和らいできて、ふくらはぎの突っ張り感も徐々に収まってきたのです。
それでもまだ、膝を曲げると痛みがありました。
そこで、3回目の温灸が終わった時点から膝を柔らかくする指圧を施し、さらに膝を曲げるためのストレッチを指導し、実践していただきました。

8回目のビワ温灸が終わったあたりから座布団を挟むと正座することが可能となり、そこからは加速度的に改善が進みました。
温灸の回数も1日おきから週2回のペースに切り替えました。
初めて来られてから2ヶ月が経った時には、コリ感、突っ張り感は完全になくなり、痛みもほとんどなくなって怖々ながらも正座ができるまで改善していたのです。

この女性は、たいそうビワ温灸が気に入り、その後は温灸器を購入されてご自分で当てています。調子は良いそうです。
ちなみに、私が施術で重点的に用いたツボは、曲泉、膝眼、陰陵泉、委中などですが、痛みの強く出ていた膝頭から委中に至る患部周辺は入念に温灸を繰り返しました。

びわきゅう遠矢(ホームページはこちら、ご紹介はこちらです。)
鹿児島県阿久根市山下836
電話:0996−73−2148


『ビワと健康』  2002年11月15日号)
◎「びわきゅう遠矢」の体験談は他にもあります。
●「ビワの葉療法」の総合情報サイトへ
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 膝痛が加速度的に改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入