息子の鼻炎にビワの種

鹿児島県阿久根市 びわきゅう遠矢 遠矢恵一 代表 (39歳)

息子の昌史(6歳)は、1年前にアレルギー性鼻炎と診断されました。

鼻水をすすってしまう癖があり、当初はその影響ではないかと推測しましたが、時期を同じくして耳たぶの付け根が切れることが増え皮膚科でアトピー性皮膚炎ではないかと指摘されました。

鼻炎の症状は耳鼻科で処方された薬を服用させると収まります。

しかし、毎食後のことですから副作用も気になります。症状が少し収まると薬を止めて様子を見るのですが、ふたたびぐずぐずと始まるのです。

ビワ温灸は、おとなしくしていないのでうまく当てることができません。
それで、ビワの種を試してみました。

粉末タイプと錠剤タイプがありますが、昌史には粉末の方が呑みやすかったようです。

1日3回、添付のスプーンで1杯ずつ呑ませたところ、鼻水は1週間で出なくなり、耳も1ヵ月ほどで切れなくなりました。

症状が収まっただけでなく風邪自体ひきにくくなり、免疫力そのものが高まったように感じます。

本人もそれを自覚できるのか、「あの薬は?」とビワの種を欲しがります。

便秘にも大きな効果

私は整体を行っていて、ビワの種はアプローチ的に導入しました。
整体には揉み返しなどの反動が出ることもあり、身体に優しく作用してくれるものを探していたのです。

息子の症状の改善により効果は実証済みです。
確信をもって整体と併用したところ様々な症状で良い成果が得られました。

寝起きが楽で疲れにくくなったと話す方が多く、膝痛等で整体と併用すれば痛みが早く鎮まります。
慢性疾患は改善に時間がかかるだけに自然の素材で身体に負担がなく、それでいて効果が確実に得られるビワ療法は有効です。

便秘の改善も顕著です。
快食、快眠、快便は健康維持に欠かせない三大要素ですが、便秘の方は想像以上に多いものです。
脳下垂体の異常でホルモンバランスが崩れていた女性(68歳)は、薬の副作用で便秘に悩んでいました。
この病気は放置すると心臓病を患うケースもあるらしく心臓病をとるか便秘をとるかという二者択一で、やむなく便秘に甘んじてきたそうです。ビワの種を呑み始めてすぐに便秘は解消しました。

更年期障害の女性(70歳)も同様で、便秘が解消して喜んでおられます。
ビワの葉以上にアミグダリンの含有量が多い種ですからアレルギーを始め様々な症状で改善が得られるのは、むしろ当然の話なのかも知れません。

びわきゅう遠矢(ホームページはこちら、ご紹介はこちらです。)
鹿児島県阿久根市山下836
電話:0996−73−2148


『ビワと健康』  2000年12月15日号)
◎「びわきゅう遠矢」の体験談は他にもあります。
●「ビワの葉療法」の総合情報サイトへ
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 息子の鼻炎にビワの種
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入