びわきゅう遠矢

鹿児島県阿久根市山下836 TEL:0996−73−2148


誠実で労を惜しまぬ人柄から「安心して施療が受けられる」と人気のびわきゅう遠矢・遠矢恵一代表。
びわ療法の根底に流れる精神を尊重しつつ、常に健康関連の情報収集に余念がないのは、お客様第一主義の証である。

必然的に改善例は多く、本紙でも過去に何度か紹介している。

びわ療法との出会いや魅力、他の療法との併用、最近の改善例などを聞いてみた。

  • 治療家を志したきっかけは?
    20歳のときにヨットで左肩を脱臼して以来、雨降り前など気圧の変化に伴って痛みが出るようになりました。整体や鍼灸院では完治しなかったのですが、福岡で受けたビワ温灸で痛みが取れ、再発もなくなりました。ビワ療法の素晴らしさに感動したことと、自営を考えていたこともあって開業を決めました。

  • 開業してどれくらい経ちますか?
    鹿児島では5年ですが、その前に福岡で2年やっていましたから、7年になります。

  • ビワ温灸の方法は?
    以前は棒モグサを用いていましたが、3年前に遠赤外線の温灸器に切り替えました。お客様の家を訪ねる機会も多く、棒もぐさだとどうしても煙や匂いがネックになっていました。遠赤外線の温灸器は棒もぐさと効果に差がないうえ手軽なので重宝しています。

  • お客様の症状に傾向はありますか。
    ホームページでの問い合わせはガンの方が多いですね。地域的には高齢者の割合が高く、さつまいも、米、たばこといった農業従事者が多いため腰痛や膝痛、肩こり等の症状の方が大半を占めています。阿久根市内なら出張施療も受け付けています。

  • 施療の特徴は?
    ビワ温灸が主体ですが、仕上げに足を使った”踏み込み”を行ないます。大分でビワ温灸をされている方から教わったオリジナル療法ですが、腰痛、足の痛み、肩こり等の症状に、この足マッサージを行なっています。とても好評です。

  • 印象的な改善例を紹介してください。
    肺ガンで片肺を切除した男性(60代)が、もう一方の肺に転移が確認され施療に来られました。週2回のビワ温灸とビワの種のふくようでを続けたところ、3ヶ月で転移した腫瘍が消えました。

  • 信条を一言。
    ビワ療法を教わったとき、『病気は私たちが治すのではなく、お客様の治癒力が高まって治るもの。私たちはそのお手伝いをしているだけ』と語られた先生の言葉を私自身の信条にしています。精一杯の施療を心がけています。ご相談ください。

◎「びわきゅう遠矢」に関する体験談
●「びわきゅう遠矢」のホームページはこちらです。
『ビワと健康』  2004年9月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 治療院を訪ねて > びわきゅう遠矢
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入