こんなに身近なビワの葉療法(その2)

ビワの葉療法は、ガンなどの難病ばかりでなく、ごく身近な病気や身体の不調にも有効です。「え? こんなことにも使えるの」というような情報も普及会には寄せられてきます。ビワの葉療法をさらに身近なものにするためのノウハウをご紹介しましょう。

アトピー性皮膚炎

  • まずお薦めなのは、ビワの葉ローションです。ビワエキスでも良いのですが、掻いた傷に沁みるなど刺激が強過ぎることが多いようです。その点、ビワの葉ローションなら安心。かゆみも抑えられます。(関連記事
  • ビワの入浴剤もお薦めです。市販の入浴剤にはヨモギも含まれているため、保湿効果が優れているようです。(関連記事
  • ビワの葉ローションや入浴剤だけでなく、体質改善という意味でビワの種ビワの葉茶を続けてみて下さい。ビワの葉温灸は基本ツボを中心に当てます。(関連記事
  • ビワ温灸をしましょう。期門、肝兪、腎兪、神けつ(へそ)、大椎、中かん、天枢、身柱、命門のツボから2〜3ヶ所を決め、1週間ずつ順次温灸をします。重症の場合は肩ぐう、曲池、血海も使います。(関連記事

便秘症

  • ビワの種がお薦めです。朝晩小さじに1杯ずつ呑み続けただけで十数年も悩まされてきた慢性の便秘症が改善したという体験談も寄せられています。(関連記事
  • ビワ温灸も効果的です。お腹だけでなく、足の裏(特に土踏まずの部分)と足首の回りにも当てます。効果が感じられるまで1週間以上かかることもありますが、根気よく続けてみて下さい。(関連記事

下痢

  • ビワの葉茶を試してみて下さい。慢性の胃痛と下痢に悩まされ、通勤途中何度も途中下車してトイレに駆け込まなければならないほどだった人が、ビワの葉茶を飲むようになってからすっかり快調になったという話や、「外国旅行でひどい下痢に悩まされたときにビワの葉茶がたいへん有効だった」などの体験談が寄せられています。(関連記事
  • ビワ温灸もお薦めです。温灸には胃腸の働きを活発にする働きがあり、神経性の下痢が改善したという体験談も寄せられています。

糖尿病

  • まずビワの葉茶をお薦めします。普通の倍の量を使った、濃い目のビワの葉茶を続けて飲んでいると非常に体調が良いという体験談が寄せられています。(関連記事
  • 玄米酢にビワの成分を加えた健康飲料も市販されています。玄米酢そのものが糖尿病に良いそうなので、ビワとの相乗効果が期待できます。

冷え症

  • なんと言ってもビワ温灸がお薦めです。ポイントは腰、下腹部、鼠蹊部(足の付け根)で、代表的なツボは、腎兪、次りょう、天枢、盲兪(こうゆ)、衝門(しょうもん)、気衝(きしょう)などです。また、足の裏や三陰交のツボも欠かせません。(関連記事
  • 身体を温めるという意味では、ビワの入浴剤を試してみるのも良いでしょう。ぬるめのお湯でゆっくり入浴すると身体が芯から温まります。

水虫

  • 毎日、入浴後にビワエキスを塗ります。エキスを塗っておいて温灸を当てるとさらに効果的。かゆみも止まります。(関連記事

おむつかぶれ

  • 市販のビワの葉ローションがお薦めです。
  • ビワの葉ローションが手許にない方は、ぜひビワの葉茶を試してみて下さい。柔らかいガーゼを濃い目にいれたビワの葉茶に浸し、優しく拭いてあげます。

温灸器をすぐに使えるようにするには

  • ビワ温灸器をケースの中に片付けると、使うのがつい億劫になりがちです。電源アダプターを延長コードに付けたまま、カゴの中に入れておくと持ち運びにも便利ですし、延長コードのプラグをコンセントに差せばすぐに温まり始めます。
  • 温灸器を通電したまま長時間置いておく場合は、ヒーター部分が上になるよう、ハンドル部分を下にして置きましょう。
    ヒーターを下に向けたまま放置すると温灸器内部の温度が上昇し、器具の中に入っている温度フューズが溶断する恐れがあります。
    普及会事務局ではそのための保持台を作って使用しています。ヒーターが上を向いているためカセットの加熱にも効果的ですし、エキスを注ぐのも容易です。
  • 旅行などで持ち歩く時もケースに入れないほうがかさばりません。また、延長コードを持参した方が良いでしょう。コンセントの空きがないことも多いからです。
    海外旅行の場合は訪問先の電圧に気を付けましょう。「米国(115V)では使えた」という話も聞いていますが、当然メーカーの保証はありません。温灸器の消費電力は小さい(2個で20ワット以下)ので小型の変圧トランスを持参すれば十分です。
  • 温灸器が温まるまでの10〜15分間は、傍らで待っているとかなり長く感じるもの。例えば入浴前にスイッチを入れておけば、入浴により身体が温まり血行も良くなるので一石二鳥です。
◆「ビワの葉療法」の総合情報サイトへ | (その1)へ

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 参考資料 > こんなに身近なビワの葉療法(その2)
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入