重度のアトピーが改善

埼玉県朝霞市泉水 飯野泰子 さん (27歳)


社会人になって生活環境や習慣が変わり、ストレスを多く覚えるようになった20歳の夏、急に身体が痒くなりだしました。

その時は病院の塗り薬と飲み薬を2年半ほど続け、治ったかにみえましたが、去年の5月頃から再び症状が出始めました。

ステロイド剤は身体に良くないと聞き、体質改善を図るつもりで漢方薬の服用を始めました。

「1年くらい続けてください。すぐには効きませんよ」と言われましたが、ちょうどこの頃、心労が重なった影響もあって顔や首など人目につく部分にも激しく症状が現われ、手はまるでグローブのように腫れ上がり、接客を主とする仕事柄、会社も休まざるを得なくなりました。

そればかりか10月には結婚式を控え、それまでに何とかして治したいとの切実な思いから、母の知人で自然食や民間療法に熱心な方に相談したところ、コンニャク湿布とビワの葉温灸を紹介されました。

コンニャク湿布は1日1回、胃と肝臓のあたりに30分くらい当てるのですが、眠くなるほど気持ちが良く、身体が楽になるにつれて症状のことを気にしなくなりました。

会社を休んだ期間が2週間、コンニャク湿布をはじめてから2週間、合わせて4週間で随分と良くなりましたが、それでも首や耳、膝の裏など皮膚の軟らかい部分はなかなか改善されず、寝ているうちに知らず知らず引っ掻き傷を作っていました。

ビワ温灸で冷えを自覚

そこで始めたのがビワの葉温灸です。
遠赤外線の温灸器にビワの葉エキスを注入し、患部やツボに当てるというものですが、患部にエキスがしみて飛び上がるほどだったので、初めのうちはビワの葉のローションを使って温灸手当をしました。

温灸を始めて気付いたことは、自覚していなかった手足の冷えです。
じんわりと身体の芯から温まり、表現は変ですが、痒くても掻かなくてもよい心地好さに包まれるのです。

また、首の周辺にローションを塗るとカサカサになっていた古い角質が白い粉になってポロポロと落ち、3〜4週間過ぎたあたりからきれいになりました。
その頃には痒みもなくなり、膝の裏のグジュグジュした感じもとれて、赤みがある程度にまで回復しました。
それからはみるみる良くなり、8月に入るとアトピーがあったことすら感じられなくなりました。

ようやくというか、ギリギリというか、結婚式に間に合うように治り、とても感謝しています。
式の日まで、忙しくなるぶんストレスが心配ですから、今も定期的にビワの葉温灸を当てるようにしています。

『ビワと健康』  97年10月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 重度のアトピーが改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入