こんなに身近なビワの葉療法(その1)

ビワの葉療法は、ガンなどの難病ばかりでなく、ごく身近な病気や身体の不調にも有効です。「え? こんなことにも使えるの」というような情報も普及会には寄せられてきます。ビワの葉療法をさらに身近なものにするためのノウハウをご紹介しましょう。

花粉症

  • ビワの種がとても効果的で、数多くの体験談が寄せられています。(関連記事
    事実、普及会事務局にも体験者が何人かいます。Mさんは粉末を朝5杯呑むと1時間ほどでピタリと止まり、夕方になって再び症状が出始めたところでまた5杯。これで1日中大丈夫と言っています。もっとも、適量は人によって異なるようです。もちろん薬でも止まるのですが、ビワの種の場合は眠くならないのが良い、とのこと。
  • ビワ温灸をしましょう。 花粉症のツボは何と、足にあります。「肝気は目に通じ…」といわれ、肝の信号は目に現れます。肝経のツボである「太衝」に温灸して下さい。次いで「湧泉」も有効です。アレルギー性疾患には副腎皮質ホルモンが効果的とされますが、ホルモンの分泌を促す腎経のツボ、それが「湧泉」です。
    ほかにも目鼻の周辺や首筋、肩甲骨の際、背中、下腹部、「大椎」「上星」「合谷」「失眠」等のツボが効果的です。

風邪

  • ビワエキスまたはビワ酒をマスクに染み込ませて掛けます。すると、不思議に咳が収まります。喉の痛みにも効果があります。アルコールが強過ぎるように感じる場合は、少し水で薄めて下さい。ビワエキスでのうがいも効果的です。
  • ビワ温灸をしましょう。背中がぞくぞくする時はその場所に当てます。背中の「風門」(左右の肩甲骨の間)、首のうしろの「風池」がツボです。(関連記事
  • がひどい時は、「中府」(鎖骨の下)や、「風門」など肩甲骨の間を入念に温灸します。
  • 発熱のツボは「大椎」です。低温やけどにならないよう、熱くなったら他の箇所に当てるようにしながら30回ほど当ててみてください。なお、温灸中は身体を冷やさないよう特に注意しましょう。
  • 鼻水・鼻詰まりには、「印堂」、「迎香」、「四白」など目や鼻の回りのツボに加え、眉毛の中央あたり、髪の毛の生え際などに数多く温灸します。
  • 電気の足湯器にビワの入浴剤を入れ20分ほど足を浸けておくと治りが早い、という体験談も寄せられています。確かに欧米のマンガなどでは、口に体温計をくわえ足をお湯に浸けている場面がよくでてきますね。(関連記事
  • 万一、こじらせて気管支炎になってしまった場合のツボはこちらの記事をご覧下さい。

腰痛

  • ビワ温灸をしましょう。 「関元兪」は痛みや痺れを和らげ、「膀胱兪」は血行を促進するといわれます。腰痛は腹筋とも関係しますので、「天枢」や「中かん」にも温灸しましょう。
  • 足の痛みが伴う場合は、右図の足のツボが効果的です。

口内炎

  • ビワエキスまたはビワ酒でうがいをします。なお、市販のエキスは飲用ではないので飲まないようにしましょう。
    アルコールが強すぎるようでしたら、水かビワの葉茶で薄めます。

虫さされ

  • ビワエキスまたはビワ酒を塗ると、かゆみが止まります。治りも早いようです。(関連記事
  • 市販のビワの葉ローションを塗ったら腫れや赤みが引いたという体験談も寄せられています。(関連記事

にきび・吹き出物

  • 市販のビワの葉ローションをお薦めします。酸化すると皮膚に悪影響があるというオイル成分をまったく含まず、植物性の「ゲル」を基剤としているので安心。肌の敏感な方にもお勧めです。
◆「ビワの葉療法」の総合情報サイトへ | (その2)へ

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 参考資料 > こんなに身近なビワの葉療法(その1)
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入