冷えがとれ体調も良好

千葉県市川市 高橋いづみ さん (42歳)


4月半ば、病院で子宮筋腫と卵巣嚢腫の診断を受けました。
5年前に子宮の手術をしているだけに、再び手術を勧められるのが嫌で、漢方薬を始めました。

また、自宅近くにビワの葉温灸を行なう治療院があり、以前、義弟が帯津三敬病院に通っていたことでビワの葉温灸のことは知っていましたから、そこに行ってみることにしました。
治療院では、棒もぐさを使った温灸でしたが、温灸前にビワの葉エキスの入った足湯に浸かり、非常に汗をかきました。

すっかり身体が温まったところで足裏の「湧泉」から頭のてっぺんの「百会」のツボまで約1時間半、温灸してもらいました。
正直、すごく効くと実感しました。

私はもともと冷え症ですが、温灸を受けた日からまる1週間、身体の温かさが続いたからです。
「ビワの葉温灸の基本は自分でやることですよ」と指導され、前々から悩みの種だった不妊症を治したい思いもあって5月末、手軽な電気式のビワ温灸器を購入しました。

膝の痛みが消えた

購入後、5月初旬から痛みがあった右膝にも温灸を当てましたが、順調な回復がみられました。
膝痛の原因は不明で、立ち座りするとき鈍痛がありましたが、患部以外にも「湧泉」「百会」「腎兪」等のツボに温灸を当てることで効果を感じました。

温灸を始めて感じることは、歩行後が非常に効果的だということです。
無理に行なう運動でなく、人によってはダンスであったり気功や歌であったり、要は能動的に自分の好きな運動を行なうことが大切だと感じるのです。

私自身、「冷え症で低血圧」を言い訳に、ほとんど運動をしなかった過去を反省するとともに、ビワとの出会いを通じて病気の取り組み方が変化してきていることを感謝しています。
お陰で体調が良く、温灸も毎日でなくても大丈夫になりましたし、ビワの種も控え目に食べています。
また、入浴時にはビワの葉エキスを少量入れますが、手のひらにビリビリと刺激があり、体内エネルギーの活性化を実感します。

先日、腕や肩にしびれを持つ母と整体師の友人に温灸を当ててあげました。
特に友人は敏感なだけにビワの良さを感じ取った様子で、「生葉でなくてもエキスを用いた温灸は身体を温める力が素晴らしい」と感心していました。

温灸を続けることで母は勿論、友人の所に通う方々の症状が回復するに違いないと確信しています。

『ビワと健康』  98年7月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 冷えがとれ体調も良好
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入