C型肝炎の数値下がる

東京都豊島区 山口八千代 さん (67歳)

もうじき70歳になる知人がビワ温灸でC型肝炎の症状が軽減し、乱視にも良かったと喜んでいますので報告致します。

月1回の食事会で会う彼女は、C型肝炎と同時に自律神経失調症もあり、とにかく疲れやすく、身体もむくんでいる感じでした。

もちろん病院に通っていますが、「GOP・GPTの数値が下がらない」と嘆いておられたのでビワ温灸を当ててあげることにしました。
週1回の温灸でしたが継続することで徐々に改善が見られ、4ヶ月ほどで数値は下がり疲れにくくなったと感謝されました。

また、「目が疲れる」とのことで自分でもビワ温灸を始められ、しばらくすると「乱視が治ったわ」というのです。
「ビワで乱視は治らないでしょう」と私は半信半疑で聞き返しましたが、その人は「目の周りに当てていたら良く見えるようになったの」と間違いないという表情でした。

本人がそう言うのだし、「そうなのかなあ」と思っていたところ偶然にもビワ温灸を続けている別の友人からも「私も良くなったわよ」と聞きました。

眼精疲労による視力低下などで改善例の多いビワ温灸です。
いわゆる老眼性の乱視にも効果を発揮するのではないかと思わされる実例でした。

◎連絡先
東京都豊島区千早3−23−7
電話:03−3957−5375

『ビワと健康』  2002年7月15日号)
◎山口さんのの体験談は他にもあります。
●「ビワの葉療法」の総合情報サイトへ
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > C型肝炎の数値下がる
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入