ベーチェット病が劇的改善

東京都豊島区 山口八千代 さん (68)

S君(16)は、高校2年生。ベーチェット病の症状に苦しんでいましたが、お母さんが友人からビワ療法を紹介されたことがきっかけで昨年4月から毎週土曜日、うちに通うようになりました。

現在、薬科大学を目指して勉学に励むS君ですが、ベーチェット病とわかったのは小学校3年生のとき。

同病の特徴である常時口の中にアフタができ、それに伴って40度もの高熱が出て学校を休むこともしばしばだったそうです。
以来、S君は薬漬けの生活を余儀なくされたのです。

昨年4月、初めてうちに来たときも口の中には大小いくつものアフタが出来ており、食べ物は熱いものも冷たいものも駄目で、不眠、冷え、腰痛、肩こり、全身疲労とさまざまな症状に悩まされ、常用のステロイド剤は1日3錠と、かなりひどい状態でした。

副作用が問題視されるステロイド剤ですが、これを服用すると40度近い熱が下がるのです。
体に悪いとわかっていても、とりわけ試験の最中などは頼らざるを得ない。麻薬と一緒でやめるにやめられない厄介な状況だったのです。
ビワ温灸は、足裏から始めて腰、背中、首、頭と全身に行ないました。
特にアフタを意識して顎から後頭部にかけて首の周りをしっかり当てるようにしました。

また、これもベーチェット病の特徴ですが視力が非常に悪く両目とも0コンマ台でしたので頭部の目に関わるツボにも丁寧に温圧を施しました。
1回のビワ温灸の所要時間は1時間半でした。

2ヶ月続けたころから変化が現れ始めました。熱が出なくなり、ステロイド剤が2錠で大丈夫になったのです。
半年ほどでステロイド剤は1錠で大丈夫になり、このころから明らかに顔色が違ってきて元気が漲ってきました。
毎回、ビワ温灸を受ける前と受けた後とでは顔色が違っていましたが、いよいよ本格的に変わってきたのが実感できたのです。
この変化には担当医も驚いたそうで、「こんなのは例がない」と言われたそうです。
やがて、1錠から半錠になりました。

「0.5錠になりました!」と喜々として報告してくれたときには、私も涙が出るほど嬉しく、本当に良かったと感謝しました。
S君は今年の7月末まで1年3ヶ月通ってきましたが、最終的にステロイド剤は1日置きに半錠飲むだけでよくなり、薬から解放される見通しが出てきたのです。

友人の体験談で確信

根気強く続けてくれた要因には、私の30年来の友人の協力がありました。

彼女は、ご主人が医師で、ご主人のご両親も医師という医者家族ですが、彼女の子供が幼稚園のときS君と同じベーチェット病を発症したというのです。
その息子さんは現在30歳、ごく普通の生活をしておられますが、病気が発覚した際は、家族会議を開いて治療方針を決めたそうです。
その結果は、ステロイド剤は一切使わず、お灸で治そうというものだったそうです。

週2回、ご主人は一度も欠かす事なく治療院に連れていき1年半で完治させたということでした。
その話を聞き、私はどうしてもS君に聞いてもらいたいと思い彼女に来てもらったのです。
このことが『自分も良くなるんだ』という確信に繋がり、途中で諦める事なく通い続ける原動力になったと思います。

この間の私の印象として、ビワ温灸を続けることでステロイド剤が減少し、それと連動して改善が進みましたが、ステロイド剤は体を冷やしているように感じました。
また、不思議なもので初めのうちは体の中にビワエキスがどんどんと吸収されていくのに、改善が進むにつれてエキスの吸収が少なくなっていきました。
体の悪いときは細胞がビワエキスを要望し、回復するにつれてさほど必要としなくなるという現象に人の体の神秘を感じた気がします。

難病の方々に共通していることは、首への温圧が効果的だということです。エキスをたっぷりと塗布して首や背中に時間をかけてしっかり当てると改善が進むように感じます。
参考にしてみて下さい。

◎連絡先
東京都豊島区千早3−23−7
TEL:03−3957−5375
(携帯 090−6947−0981)

『ビワと健康』  2004年10月15日号)
◎山口さんのの体験談は他にもあります。
●「ビワの葉療法」の総合情報サイトへ
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > ベーチェット病が劇的改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入