猫の便秘がビワ温灸で改善

山口県岩国市 卯野裕子 さん (46歳)

わが家の同居人(?)となって14年。人間に換算すれば90歳以上というお婆ちゃん猫・タマの便秘が、ビワ温灸で改善したので報告させていただきます。
うちのタマは、平均3〜4日に一度しかお通じがなく、しかも排便時には嘔吐と便意が一緒にやってくる厄介さで、口でゲロゲロやりながらお尻で用を足している姿は哀れとしか言いようがありませんでした。

タマの便秘症は、3年ほど前から始まりました。
腹部に腫瘍ができ、動物病院で診てもらったところ幸い腫瘍は腹膜の外側にあって命に関わることはなかったのですが、レントゲンは腹膜の内側に10個ほど影が映っていました。
これがウンチでした。
宿便かどうか、とにかくこの頃から便秘がちになり、ゲロゲロも始まりました。
正直なところ、かわいそうだけれど高齢だから仕方がないと諦めていました。

しかし、ビワと出会って私の意識は一変しました。
初めて体験したビワの葉温灸は筆舌に尽くしがたく、この世の天国を味わうほど気持ちの良いものでした。
自分の家でも当てたいと思った私は温灸器を購入し、友人や知人にも温灸を当ててあげましたが、みんなとても喜んでくれました。

良いとなればとことん、それが私の性分です。
すぐにインストラクター認定を目指して50人の体験指導を始めましたが、膝の腫れ、肩の痛み、下痢、咳など短期間で様々な症状が次々に改善され、ビワの威力を実感しました。
当然の成り行きで「人間に良いなら猫にも…」と考えた私は、タマに温灸をしてやりました。
お腹を上に向け、手拭いを当てがって約10分間温灸をしましたが、よほど気持ちが良かったのか全く嫌がりませんでした。

効果はすぐに出ました。
翌朝、台所のマットの上に大きなウンチが5個。
「うわ〜っ、良かったね、タマ。ビワ温灸が効いたんだね」
ところが、喜びも束の間。
リビングの座椅子の横にも2個、猫のトイレの前にも1個。トイレの中にはわんさか!
まさか、こんなに溜まっていたとは…。参りました。
以来、ほとんどゲロゲロすることはなくなり、便も少量ながら毎日2〜3個出るようになりました。
ビワの葉温灸を受けた犬の体験談はいくつかあるそうですが、猫は初めてとか。
タマ、貴女はきっと数少ない幸運猫ですよ。長生きしてね。

◎連絡先
大阪府大阪市西淀川区大野3−1−2
TEL:090−6915−5151

◎宇野裕子さんの体験談
『ビワと健康』  99年12月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 猫の便秘がビワ温灸で改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入