首のポリープが消滅した!!

大阪府東大阪市 卯野裕子 さん


一昨年11月、帯状疱疹で入院した際に大腸ガンの手術をされた女性(67歳)と知り合いました。

ビワ療法を続けてきた私としては、帯状疱疹を自分で克服したいと思いましたが元々アレルギー体質だったことが影響したのか、ビワエキスを付けると余計に皮膚が荒れ、ただれてしまいました。

知人の話では、ビワエキスで改善した人がいるそうですから個々の体質や状態によって差が生じるのではないかと感じます。

さて、多少時間はかかりましたが私の帯状胞疹は完治しました。その間、その方と色々な話をするうちに必然的にビワ療法のことが話題となりました。
「ガンだとびわの種やエキスの改善例が多いですよ」
私はビワ療法による改善例等、自分の知り得る情報をお伝えしました。

その方は、去年の1月末に退院されました。
しかし、首のリンパ節に2.8cmのポリープが出来ており、不安を抱えたままの退院でした。

翌月、「自分もビワ療法をやってみたい」と言われるので、エキスの湿布と種の飲用を勧めました。
私が紹介したビワエキスの湿布法は、ホワイトリカーで抽出してつくったビワエキスを調理用ペーパータオルに含ませて首に巻き、それをハンカチでくるんでそのまま寝てもらうというものです。
これを毎晩、就寝時にくり返します。

また、焙煎したビワの種を粉にして朝晩2回飲んでもらいました。
たったこれだけのことですが、2ヶ月後の4月の検査ではポリープの跡は真っ黒になって消滅していたのです。
劇的な改善にとても喜ばれました。

もちろん、この方はその後もビワの種を飲み続けていますし、病院で3ヶ月ごとに検査をうけておられますが、改善はすこぶる順調です。
さらに、今年1月の検査では「来年の4月まで来なくて大丈夫です」と言われたそうで、感激して報告してくださいました。

うつ病にも有効

私の母は、カイロプラクターをしていますが、そこでもビワ療法が重宝し喜ばれています。

ビワの種15粒をコップ一杯の水で30分ほど煎じて出来たビワエキスを痛みの箇所などに塗ると鎮痛効果が得られます。
ある、うつ病の女性(50歳くらい)は、だんだんと改善していくのが嬉しくて出歩くことが増えました。
母は、「急に出歩くと無理がきますよ」とアドバイスしたのですが、その心配が現実になり血管が浮いて体全体がむくんだ状態になってしまったのです。

このときもビワを煎じたエキスの塗布で早期改善を得ることができました。
手軽でしかも改善例の多いビワ療法ですから愛用者がもっともっと増えることを期待しています。

◎連絡先
大阪府東大阪市菱屋西3ー8ー14
TEL:06−6725−3578

◎宇野裕子さんの体験談
『ビワと健康』  2004年7月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 首のポリープが消滅した!!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入