夜尿症に効果てきめん

大阪府東大阪市 卯野裕子さん

昨年小学校に入学した男の子がビワ温灸で夜尿症を克服した例がありますのでお伝えします。

初めてうちに来たのは一昨年の11月、幼稚園の年長さんでした。
夜尿症といっても夜寝ているときだけでなく、尿意を催すという感覚自体が乏しく日中でも度々おもらしをしてしまう状態でした。
周りの子供と比べると紙おむつだった期間も長く、パンツになってからも幼稚園には毎日2、3枚の替えを持たせており、小学校の入学を目前に控えてご両親、祖父母ともとても心配しておられました。

夜尿症は体の冷えが関係しますからビワ温灸はもちろん良いのですが、なにせやんちゃ盛りですから初めはじっとしていることが難しく一苦労でした。
週2回のペースで行なったビワ温灸は、初めの3週間はせいぜい15分程度。
遊びながら当てましたが、本人の反応は「熱くもぬるくも何ともない」というもので”冷え”が感じられました。
通常、小さな子供だと熱がる「強」にスイッチを入れ、何をあげるわけではないけれど「お利口さんだったから点数をあげるね。今日は何点だよ」と励ましながら徐々に20分、30分と時間を延ばしていき、やがて1時間弱の温圧ができるようになりました。

下腹部(おへそから恥骨あたりまで)と腰部を重点的に当て、3ヶ月が経ったある日、施療の最中に「熱い、熱い」と言い始め、ようやく普通に熱を感じるようになりました。
さらに「先生、オシッコ行ってくる」と尿意を催し、自分からトイレに行くようになったのです。これにはご家族がびっくりされ、大変喜ばれました。
「これだったら大丈夫ですね」
案の定、ほどなくおねしょもしなくなりました。
小学校に入るまでには何とかしてやりたいという親心は叶ったわけです。
男の子本人の成長もあったでしょうし、そこにビワ温灸で体を温めたことがいい形で合致したように感じています。

施療の終わりに「頑張ったから治ったね」とおもちゃをプレゼントし、屈託のない笑顔に私も嬉しくなりました。

◎連絡先
大阪府東大阪市菱屋西3−8−14
TEL:06−6725−3578

◎宇野裕子さんの体験談
『ビワと健康』  2005年1月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 夜尿症に効果てきめん
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入